muji

photo: pinterest via muji.net

 

昨日の記事の続きです。

私の服はすべて白のプラスティックハンガー。

見た目合理性を自分のクローゼットに重視している私は、洗濯からクローゼットまでそのまま使えるプラスティックのものを選びました。
スカートハンガーとか滑り落ちないハンガーの機能性も捨てがたいですが、そうすると見た目がバラバラに。
白いウッドもステキだけど、ハンガー収納がメインなので、全ての服をお洗濯の後にかけ直すなんて面倒。
それに私のメインのクローゼットはそんなに広くないので、ウッドハンガーの幅も気になる。
多少の苦労(襟ぐりのあいたトップスが滑りやすいとか)をしてでも、見た目合理性にとことんこだわっています。

ただ、これは私の場合。
夫のクローゼットはまた違うんですね。

夫のクローゼットはこんな感じ。

夫のスーツ→ウッドハンガー(厚いタイプ)
夫のシャツ→ウッドハンガー(薄いタイプ)
夫のパンツ→シリコンハンガー
夫のその他→白のプラスティックハンガー

はい、見た目は多少バラついています。
なぜならば、こちらは機能性をより重視したからです。

まず、男性用のジャケットには型くずれ防止のためある程度厚みのあるハンガーが向いています。
朝着替える時にちょっと気分をアゲて頂けるよう(笑)、ウッドのものにしました。
シャツも同じです。
こちらはアイロンをかける作業があるので、お洗濯時から別のハンガーに変えるのは面倒ではありません。
ちなみにずっと昔にメタリックなハンガーをシャツに使っていましたが、見た目はカッコいいのだけどなんだかその音が嫌になり、ウッドのものに落ち着きました。

パンツもウッドのものにしても良かったのですが、ずり落ちてしまうのが嫌で、シリコンのものにしています。

その他のポロシャツやアイロンの必要のないトップスは私と同じ白のハンガーで。

合計4種類のハンガーですが、それぞれ同じ場所に集めているので見た目はそうガチャガチャしていません。

夫も特に何も言わないので、気にしていないか、まぁ悪くはないのでしょう。

***

ちなみにシンガポールでハンガーが買える主な所は以下の通り。

IKEA: 白も含めウッドハンガーがお手頃価格。プラスティックのものはバーに引っ掛ける部分に厚みがあり、バーと天井の間が狭いとひっかかりやすいです。
MUJI: 各種多機能なハンガーが豊富。お値段は日本より高め。
Howard Storage: MUJIよりさらに多機能なハンガーが豊富。
Spotlight: 前の記事のプラスティックのハンガーはこちらで(50本で17ドル)。他にもハンガーあり。ストックが安定していないのが残念。

IKEAのプラスティックのものはバーに引っ掛ける部分に厚みがあり、バーと天井の間が狭いとひっかかりやすいです。

MUJIには、紳士用と婦人用の幅の違うハンガーがあります。
以前婦人用ハンガーを買ったところ、襟ぐりの開いた服が落ちやすくボツになったことがありますので、サイズ感にはご注意を(どのメーカーにも言えることですが)。
男性用だと袖の部分がビローンとなって嫌な方、襟ぐりの詰まった服をお持ちの方にはオススメです。
あとジュニア用にも。

ハンガーは好みもあるし、使ってみないと分からないこともありますが、ご希望があればお持ちのお洋服合わせてご提案させて頂いています。

正しい答えはありません。
あなたのクローゼットはあなただけのものですから♡

でもまずはハンガーを変えるだけでかなり「うっとりクローゼット」に近づきますよ。
一度お試し下さい。

↓参考になったよ〜という方はアジサイのアイコンをクリックしてもらえると嬉しいです♡
シンガポールのブログ村に登録しています。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

*9月14日(月)&28日(月)に着たい服をみつけるワークショップをします

→9月14日(月)はお席を増設し満席となりました。

ワークショップ形式の講座の後、ファッション雑誌の切り抜きをしながら視覚的に「好き!着たい!」服を探していきます。
今季のトレンドもちょっっぴりシェア♡

両日とも3名様限定。
時間:10-12時
場所:セントラルエリア(詳細は後日)
料金:50ドル

お申し込みは下のメッセージからお願い致します。

***

キレイをご一緒いたしましょう!
9月のお買物同行・ファッションアドバイス・カラー診断・クローゼットオーガナイズのセッションを受けつけています。

人生が輝くDREAM CLOSETセッションの詳細はコチラ>>
シンガポールでのショッピング同行も!ご旅行中も効率的なショッピングのお手伝いします♡
普段のスタイルはコチラ>>
ちょっとコンサバで、知的セクシーなスタイルが目標です。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

ホームページ・FBページなど

メッセージ本文

片づけ収納ドットコム

Author Profile

Eri
シンガポールでLuxenity (ルクセニティ)という小さな会社をつくりました。

パーソナルカラーや骨格スタイル分析でファッションのアドバイスをしたり、心地よい空間づくりのお手伝いをしています。

「知的に品良く美しく。」思いどおりのライフスタイルサポートを、東南アジア・東京・福岡にて提供中。

「女性と子どもの未来を創る。」をモットーに、社会貢献にも力を入れながらいつも心にスペースを広げるべく活動中です。