16日間過ごした春の東京は、やっぱり寒かったです。

というよりも、私の気温の読みが甘いw
まる7年になろうとする気温30度のシンガポール生活で、この気温で着れる服も少ないしね。

さー、でも今年も10着チャレンジいってみましょー♡
どんな10着を持ち帰ったかは、こちらの記事でご覧ください。

 

IMG_8632
インナー:ユニクロ
カーデ:JIL STUART
ボトム:Zara
シューズ:BARCLAY
バッグ:TOD’S

早朝からの飛行機移動。
常夏シンガポールから東京までの移動時間は7時間。

東南アジアの中でもかなり南に位置するシンガポールからは、意外と移動時間が長いんです。

春の気候には寒いかもしれないけれど、リラックスできるガウチョパンツをボトムに。
シワになっちゃうだろうけど、汗をかく気温でもないし後でプレスすればOK!

シューズは一番かさばる物を。
フラットだから、こちらもラクチン。
神戸発のBARCLAY、以前暮らしていた街だからご贔屓にw

カーデは何年か前に寒い日本で買ったもの。笑
とはいえ、私には貴重な温度調節の一枚です。
シンガポールでは映画館なんかで着ています。

トップスの上にトレンチ(裏地なし)じゃ寒いかもよーとのファッショニスタの友人のアドバイスのもと持ち帰ったものの、着る機会ほとんどありませんでした。
理由はそのカタチでした。
今回持ち帰ったアイテムにイマイチしっくりこない着丈に七分袖。
骨格タイプストレートの私には、こんなはおりものは、もう少し長い着丈がしっくりきます。
おうちでは大活躍でしたけれどね。

子連れだしね、アクセサリーとかも特にこの日はつけませんでした。
とにかく朝が早かったので、ミニマムファッションで!笑

到着地東京の、この日の最高気温は14度。
この上にトレンチコートで家路に着きました。

 

IMG_8637

 

 

↓最後までお読み頂きありがとうございました。
ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村

Author Profile

Eri
シンガポールでLuxenity (ルクセニティ)という小さな会社をつくりました。

パーソナルカラーや骨格スタイル分析でファッションのアドバイスをしたり、心地よい空間づくりのお手伝いをしています。

「知的に品良く美しく。」思いどおりのライフスタイルサポートを、東南アジア・東京・福岡にて提供中。

「女性と子どもの未来を創る。」をモットーに、社会貢献にも力を入れながらいつも心にスペースを広げるべく活動中です。