PC319684

 

大晦日といえば、なんだかやっぱりお蕎麦が食べたくなります。
年越し蕎麦を、ロバートソンキーにある「和心」へ。
一足お先に年越し蕎麦ランチです。
以前「寄人」だった頃に伺って以来、久しぶりでしたが、北川シェフは相変わらずにこやかにお話しをして下さいました。

PC319680

 

手打ちのお蕎麦をシンガポールで頂ける貴重なお食事処のひとつ。
前回はお蕎麦をうっているところを拝見させて頂きました。

PC319678 PC319677

 

夫が頼んだ海鮮ちらしと、娘が食べたいと言った天ぷら御膳。
もうそんなに揚げ物を頂けないので、娘とのシェアでちょうど良かったです。
(もう1人では食べきれないと思うと、今後も彼女連れで食べ歩きたい。。。)
ご飯も彼女、私はお蕎麦w

揚げ物でお腹いっぱいでなければ、更に追加でお蕎麦を食べたかったくらいです。

PC319683

 

デザートも甘さ控えめでおいしく頂きました。

 

器の下に敷かれている折り紙に娘が反応して、一緒に折り鶴を折ることに。
センスのいい北川シェフは、前の日にローカルのお客さまが折ったという鶴と三羽を「お正月だから」と飾られていました。

PC319684

 

さりげない、こういった演出が和心ですね。
また来年もお食事に伺います!

和心Wagokoro by Hide Yamamoto
www.wagokorohy.com
60 Robertson Quay #01-04A, Singapore 238252
TEL: +65 6733 6315

Author Profile

Eri
シンガポールでLuxenity (ルクセニティ)という小さな会社をつくりました。

パーソナルカラーや骨格スタイル分析でファッションのアドバイスをしたり、心地よい空間づくりのお手伝いをしています。

「知的に品良く美しく。」思いどおりのライフスタイルサポートを、東南アジア・東京・福岡にて提供中。

「女性と子どもの未来を創る。」をモットーに、社会貢献にも力を入れながらいつも心にスペースを広げるべく活動中です。