明日はバレンタインデーですね。
今日がデートな2人も多いのではないかしら♡

シンガポール初のクローゼット&キッズスペースオーガナイザーのエリーです。
英語ではOrganized Lifestyle Consultantと名乗っています。

photo

バレンタインを目前に、この赤いマグが目に飛びこんできました。
バレンタイン以外の、いったいいつ使うのよ?!と自分に突っ込みをいれつつ。

クリスマスもそうだけど、スタバの選ぶ「赤」の色味がギリギリで好きです。
ギリギリというのは、個人的な好みなのですが、好きな範囲の赤。
なんだそれ。

色味そのもの、色の明るさがボーダーラインで気になるのです。

好みの赤は、絵の具だったらもっと黒を混ぜた深い赤。
黄色に傾く前の色=朱色。

スタバの赤、は私にとって好きか心地よくないかを分けるボーダーラインの赤。

身につけたり、身の回りに置く「赤」は、選んでいます。

なぜかって、そこに「ブレ」が生じると、あまり心地よくないから。
家具の茶色の色味にもこだわってます、ハイ。。。

photo

そのギリギリ感が好きで(もちろんデザインも)、一瞬ムラムラとしましたが、
浮気せずにとどまりました。

photo

ムスメを見送った後、朝日が昇るのを見ながらぼーっとする時のお供。
ザ・シンガポールマグ。

赤の情熱に気持ちが追いついていないのか(汗)、
私にはこんなシンプルな色が心地いいのです。

ベーシックカラーを持っていたり、
アクセントカラーでも色味に妥協しなかったり。

そんなちょっとした意識を重ねることで、アナタの「心地いいスタンダード」が
作られるのかもしれませんね。

明日のバレンタインデーのギフトカラーにもぬかりなく!
もちろんメイク+ファッションのカラーにもね。

明日はやっぱり赤いリップじゃない?
ごくごくシンプルなシルエットの服に合わせてさ。
フリフリも露出もなくていいから、目の輝き・唇の動きなんかを意識して。

Have a wonderful Valentine’s weekend!

 

女性と子どもの未来を創る。

クローゼットの見直しやスタイリングで、女性にもっと自信と輝きを。
子ども部屋を整えて、子どもたちにより良い人生を。

「暮らしの仕組み作り」にフォーカスした思いどおりのライフスタイルサポートを、
シンガポール・東京・福岡にて提供中。
(仕事内容はこちら→)

 

↓最後までお読みいただきありがとうございました。どちらか!どちらも!ぽちっと応援お願いします。

にほんブログ村


にほんブログ村

いつも心にスペースを。

Author Profile

Eri
シンガポールでLuxenity (ルクセニティ)という小さな会社をつくりました。

パーソナルカラーや骨格スタイル分析でファッションのアドバイスをしたり、心地よい空間づくりのお手伝いをしています。

「知的に品良く美しく。」思いどおりのライフスタイルサポートを、東南アジア・東京・福岡にて提供中。

「女性と子どもの未来を創る。」をモットーに、社会貢献にも力を入れながらいつも心にスペースを広げるべく活動中です。