悲しすぎるデザインだと言われてしまった東京オリンピックボランティアの制服。

同じく我が目を疑ったシンガポールのライフスタイルコンサルタントのエリーです。
ファッションで魅力を引き出したり、快適でステキな空間づくりのお手伝いをしています。

だってコレです。。。

xtamaki20150529-20150529_003-thumb-660x990-418726.jpg.pagespeed.ic.888Yl8fFQI

出典:cdn.fashionsnap.com

デザイナーはTAMAKI FUJIEさん。
テキスタイルデザイナーとして活動されていて、動物や自然のモチーフのデザインがかわいい。

アントワープ王立芸術アカデミーを経て、05年、セントラルセントマーティンズ美術大学ファッションプリント科に入学。在学中、アレキサンダー・マックイーンの下で研修し、 09年6月に同校を卒業。卒業時に発表したコレクションは、Dazed and Confused Digital, i-D Magazineなどのメディアに取り上げられる。
卒業後、2010年より、デザイン事務所スタジオブラックオペラを設立。テキスタイルデザイナーとして活動し、2013S/Sコレクションより自身のブランド TAMAKI FUJIEを開始。

14aw_1015ss_09TF15AW_007

出典:www.tamakifujie.com

色使いもステキだし、かわいい!と思わず言いたくなるデザインも、ちょっとかっこいいデザインもコレクションにたくさん。

なのになぜ・・・

xtamaki20150529-20150529_003-thumb-660x990-418726.jpg.pagespeed.ic.888Yl8fFQI

他のサイトにも出ていたけれど、お役所仕事ってこうなっちゃうんでしょうね。
おそらく元のデザインからは相当かけはなれたものになってるに違いない・・・

発表に関してのつぶやきがまさに”I hear you!”(わかる!)

ネクタイがいみわからん

これはひどい
そもそも2020年に使うのに2015年にデザインするってファッション業界の潮流は無視ですか

1個前の東京五輪でもギリギリ許せないレペル

お祭りの時につかう手ぬぐいみたいな帽子だな

これはファッションのことなんて何も知らないおっさん達の無理難題に振り回された結果ですわ…

偉い人「もっとこう、日本をアピールして日の丸をだねぇ」
デザ「偉い人には分からんのですよ」

出典:http://vippers.jp/archives/8194833.html

↑もうね、コメントがおもしろすぎます。
ぜひ他のコメントも読んでみて下さいね。

この担当のすんごいセンスが上からの集中コメントを浴びて形を変えていくの・・・
よく分かるわ!
ワタシもそんなオトナにならないように気をつけよう。

ちなみにNaverのまとめもおもしろいのでゼヒ。

東京五輪、ボランティアの制服が残念すぎる。。

で、この赤ーい丸のついたネクタイを見て何かがフラッシュバック。

IMG_9631

ムスメが先日レストランのお兄さんにプレゼントしていた絵。

IMG_9631a

なにコレ。
色こそついていないけれど、赤丸ネクタイしてるwww

5歳児、もしや予言?

最近ブームらしいなんだかやけにリアルな顔の絵。
少し前までは、瞳にキラキラが入るメルヘンな顔を書いていたのに・・・

IMG_9689

え?これがエルサ?
タイの仏像にしか見えないんだけど・・・

IMG_9689a

5年後にボランティアの制服がステキに見えるのか、
ムスメはその頃どんな絵を描いているのか気になるハハなのでした。

Have a wonderful day!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村

↑最後までお読み頂きありがとうございました☆応援ぽち、お願いします!
シンガポールのブログ村に登録しています。

***

6月(シンガポール・マレーシア)、7月(福岡・東京)のご予約を受けつけています。

6月は、中旬1週間ほど不在にしますが、月末までシンガポールにいます。
22日以降のお申し込みを受けつけています。

6月19&20日KLで講座開講予定です。

日本では、7月前半に福岡・後半が横浜となります。
日本でも通常どおりのサービスメニューをご提供予定です。
お問い合わせ下さい。

7月12日(日)、福岡のスタイリッシュな場所で【パートナーを探している女性向け】のちょっとワクワクできてキレイになれるイベントを企画中です♡
若くてハンサムで優しい男性も登場しますよ〜
ご興味のある方はカレンダー空けておいて下さいね♡

女性と子どもの未来を創る。

クローゼットの見直しやスタイリングで、女性にもっと自信と輝きを。
子ども部屋を整えて、子どもたちにより良い人生を。

「暮らしの仕組み作り」にフォーカスした思いどおりのライフスタイルサポートを、シンガポール・東京・福岡にて提供中。

いつも心にスペースを♡

Author Profile

Eri
シンガポールでLuxenity (ルクセニティ)という小さな会社をつくりました。

パーソナルカラーや骨格スタイル分析でファッションのアドバイスをしたり、心地よい空間づくりのお手伝いをしています。

「知的に品良く美しく。」思いどおりのライフスタイルサポートを、東南アジア・東京・福岡にて提供中。

「女性と子どもの未来を創る。」をモットーに、社会貢献にも力を入れながらいつも心にスペースを広げるべく活動中です。