IMG_9609

 

東急ハンズに寄った時に見かけてしまったこのドリッパー。

家では私しかコーヒーを飲まないから、普段はマグの上に直接ハンドドリップ。
【おいしいコーヒー】家で飲むのが好き』でも書いたけど、フレッシュなコーヒーを飲みたくて生豆を焙煎したりもします。

ただ、そのやり方は、それはそれで機能するのだけど、決して美しいとは思っていなかったんですね。

有名なガラスとウッドのドリッパーも素敵で、見てはいたけど。
シンガポールのキッチンにはこんなシュッとしたメタルの質感が気分。

上の部分だけも売っていて、普段お客様が来た時やたまに夫が飲む時に使うビーカー(!)や取っ手つきのコーヒプレスの上に乗せてもいいかなと思ったのだけど。

やっぱり「全てがあって完成」なデザイン。

これを買ってから、朝、夫とコーヒーを飲む機会が増えました。
特に飲もうと思ってなくても、「はいどうぞ。」ってすると飲むみたい。

以前は15分とかでもスタバでデートしたりもしていましたが。
→『大切なことをみる。きめる。
実は自分で淹れるコーヒーが一番スキな私。

将来のお引越しで荷物を選ばなくちゃいけない時に、絶対一緒に移動するコ。

そんなことを書いていて、去年ブルガリアのお友達のお家で飲んだコーヒーを思い出しました。

そうやってほっこりする時間が、たくさんの人におとずれますように。

 

↓最後までお読み頂きありがとうございました。
ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村

 

Author Profile

Eri
シンガポールでLuxenity (ルクセニティ)という小さな会社をつくりました。

パーソナルカラーや骨格スタイル分析でファッションのアドバイスをしたり、心地よい空間づくりのお手伝いをしています。

「知的に品良く美しく。」思いどおりのライフスタイルサポートを、東南アジア・東京・福岡にて提供中。

「女性と子どもの未来を創る。」をモットーに、社会貢献にも力を入れながらいつも心にスペースを広げるべく活動中です。