シンガポールの建国の父、リークワンユー氏の悲報に、国全体が喪に服しているのを感じます。

シンガポールでのファッションアドバイスや快適な空間づくりのトータルライフサポートをしているライフオーガナイザーのエリーです。

91歳と、十分な寿命であったにも関わらず、ここまで多くの人々に偲ばれる氏。
シンガポールに来て丸6年が経とうとしていますが、これからもなお住みたいと思う国を創ってくれた氏に、感謝の気持ちでいっぱいです。

ワタシの個人のFBに、息子でもあるリーシェンロン首相が、十分にお父様との別れの感情をできないまま、
公務としてこれから暫く向き合わなければならないと思うと心が痛む、と投稿しました。

5歳のムスメも学校でリーシェンロン首相の3カ国語のスピーチを見たのだそう。
そして、例の中国語でのスピーチに「一緒に涙がでちゃった」のだそう。
マレー語も中国語も分からない、5歳の外国人のこどもの心にも響くスピーチをした首相。

過ぎた時は戻らないから。
残された私たちは、それぞれの寿命の限り、やるべきことをやるしかないのでしょう。
それぞれのスピードでいいから、ただ前を向きながら。

これからのシンガポールが、新しいリーダーと共に更に発展することを願いつつ。
建国50周年を見届けることはなかったけれど、ずっと私たちの心に残るシンガポールの父に黙祷を捧げます。

IMG_6407

↓最後までお読みいただきありがとうございました。どちらか!どちらも!ぽちっと応援お願いします。

 
いつも心にスペースを。

女性と子どもの未来を創る。

クローゼットの見直しやスタイリングで、女性にもっと自信と輝きを。
子ども部屋を整えて、子どもたちにより良い人生を。

 「暮らしの仕組み作り」にフォーカスした思いどおりのライフスタイルサポートを、
シンガポール・東京・福岡にて提供中。

Author Profile

Eri
シンガポールでLuxenity (ルクセニティ)という小さな会社をつくりました。

パーソナルカラーや骨格スタイル分析でファッションのアドバイスをしたり、心地よい空間づくりのお手伝いをしています。

「知的に品良く美しく。」思いどおりのライフスタイルサポートを、東南アジア・東京・福岡にて提供中。

「女性と子どもの未来を創る。」をモットーに、社会貢献にも力を入れながらいつも心にスペースを広げるべく活動中です。