どーしてもバーディカルタイプでデイリーのスケジュールを管理したい私の、昨日の手帳の話の続きです。
FBに投稿したら、手帳に関する色々なコメントをもらってとても参考になりました。

 

IMG_6049

 

 

私にとってのデイリープランナーの役割

2015年の手帳を振り返ったら、埋まっていないページもたくさん。
そう、毎日分刻みにスケジュールが入っているようなワーキングスタイルではないフリーランスなので、ぶっちゃけデイリータイプの手帳はいらないんですよ。
(あ。)

でもね、フリーランスだからこそ私には時間単位で自分をスケジュールすることが大切なんです。
じゃないとすぐにネットでウロウロ調べものしてしまうから。
それにね、時々「ひらめき」みたいなものがあって、アクションに落とし込んで書くことをしないとすぐに忘れてしまう・・・。

ただでさえ、何かをやりながらふとした瞬間に他のことを考えて、おもわずそっちをやりたくなる傾向があるので、プランをたてるということで脇道にそれても自分で戻ってこれるわけです。

言うならば、手帳は私の奥さん

「ほらアナタ、今日あれやるって言ってたわよね?」みたいな。

まぁ、とはいえその奥さん役も自分でやっているわけで、ゆえに埋まらないページもあるという。。。

それでもなんとか前進できているので、私にとってはいい奥さんなんです。

 

デジタルな「奥さん」も魅力的

しかしその奥さん、もの静かで喋ってくれないので、ついついそのありがたみを忘れてしまうことも。

googleさんところの奥さん(googleカレンダーとかiCaldenderとか)、時間になったら知らせてくれるし、ルックスもいいし惹かれるんですよね。

しかも誰かと共有できるなんて、なんだか魅力的じゃないですか。

実は私も、ここ何年かそのスマートな奥さんを他の男性と共有しているんです。
うふ。
フライトのスケジュールとか、外食とか。

もう1人の男性(=私の夫)も、私のスケジュールが見れて便利みたいですよ。

 

今年はサイズを小さくしてみました

IMG_6047

 

前の記事にも書いた、私の周りの「デキる女」がマンスリータイプの手帳に切り替えている理由のひとつが、スリム化

マンスリータイプにすることで、手帳が薄く、そして軽くなる。

確かに大したメモ魔でもない私は、普段持ち運ぶノートは薄くて小さいわ!
だったら手帳も小さくしたらいいじゃない?と。

デイリータイプが使いたくて(しかもQuo Vadisへ景仰)、少しでも荷物を軽くしたい私(アナタ)にびったりなのは、Trip Prestigeタイプ。
パスポートサイズです。
厚みはもちろんあるけれど。

これまであったマンスリーのページがなかったり、日曜日の欄がざっくりとしたレイアウトですが、私(アナタ)のニーズにはばっちり。

 

IMG_6048

 

一番上が、そのTrip Prestige。
その下が長年使ってきたBusiness Prestigeです。

一回り小さくなったことで、ハンドバッグにも収まるようになりました!

しかも嬉しいことに、このTrip Prestigeサイズはエルメスの手帳カバー(GMサイズ)が使えるんです♡
「エルメスの手帳カバーを使いたいけれど、中身のレイアウトが今の私のニーズに合わない(しかも割高)」というジレンマがこれで解消。

そのうちデイリープランナーが必要なくなる日がきたら、純正のマンスリー・ウィークリーだってもちろん使えるし。

しっかし「エルメス 手帳 レフィル」と検索すると、まーいろいろ出てくること。
代替品が。笑

ただでさえスケジューラーのデジタル化が進んで、お店で手帳カバーやレフィルそのものを見つけるタイミングが難しいのに。

このままずっと純正を使わずに終わったりしてね。

 

で、このチラチラ見えてるLOPって?

IMG_6046

 

こんだけQサマに景仰しているといいながら。
「私の奥さん」と愛しながら。

デジタルな奥さんは他の男性と共有するわ、なにやらこの白くて大きなLOPってのをチラチラと見せるわ・・・
浮気性な私をゆるして下さい。

先ほどまでの薄く・軽く・小さくから完璧に逆行してるわけですが、Ladies and gentlemen, let me introduce you to the LOP!
Life Organize Plannerです。

おそらく(これまた魅力的な)フランクリン・プランナーを参考に作られたオーガナイザー向けの手帳。

タイムマネッジメントにもよく使われる4つのグリッドが、「キーワードはケースバイケースで自分で入れてね」とばかりに、あえて空白で印刷されていたり。

1年後・3年後・10年後仕事・経済状況・ライフスタイル・ネットワーク・セルフマネジメントという項目で書くようになっていたり。

そしてそのギャップを埋められるように、今月のゴールの設定→毎日の振り返り(睡眠や固定や可処分のタイムマネッジメントまでも含む)とデザインされています。

 

IMG_6050

 

ぶっちゃけ、面倒くさいです。
特に私みたいな「計画はニガテ・思いつきタイプ」には。

でもね、だからやってみようと思ったわけです。
今年はちょっとやってみたいこともあるので。
→また別の記事にしますが「今年やりたい100のリスト」、現在絶賛作成中。

私のQuo Vadisが愛する物申さない静かな奥さんだったら、LOPは口うるさい義理の姉みたいな存在?!

「ちょっとアンタ、そんなんでうちの妹養えんのっ!」くらいの喝がとんできそう。
まぁ、こちらもしゃべりませんが。

今のところライフオーガナイザーしか買えないのですが、それ故に「ちゃんと使ってる?」的なさりげなーいチェック励ましが入りそう。

 

2つの手帳の使い分けプラン

というわけで2つも手帳が手元にあり、じゃっかんガクブル。
一回、夏あたりに経過報告します

うん、自分で言ったぞー。
だっていつも夏休みでダレるんだもん。
忘れていたら・・・誰か思い出させて!

って、そんなアクションプランを手帳に書き込めばいいやん

・・・

・・・

・・・

はい、今書き込みました!
手帳はめくってすらいない最悪の事態も考え得るため、googleサマにも入力済。

2つのデイリープランナー、さすがに両方は要らないので(要らんのかい!)、今のところこのように使おうと考えています。

LOPは、

 

大きな時間軸でみたプランニング

マンスリーのアクションプラン決定

さらにチャンクダウンしたアクションプランを(日にちはそう気にせず)デイリーにリストアップ。

という、To Doリスト的な使い方とセルフマネジメント
基本家でお留守番。

 

Quo Vadisは、

普通のスケジューラー+チャンクダウンしたアクションプランをその日のTo Doとして予定に書き込む。

という、デイリーのスケジュール及び自分管理
もちろん外にも連れ出します。

 

来年の今頃は、どんな選択をしているでしょうか。

手帳選びはあくまで自分軸。
来年変わっても、それはそれでいいんです。

まずはその時やってみようと思ったことをやってみる。

うまくいかなくたって、それはそれで原因を検証したらいいわけで。

さー、来年の手帳はどんな感じかな〜。
まずはその前に中間報告、頑張りますね!

そして最後にこちらをご紹介。

 

時間管理というと何を想像しますか?

空いた時間をうまく使うこと?

1時間でやっていたことを30分でやる技術を身につけること?

仕事を要領よくこなして、早く家に帰ること?

車で移動するときに、誰も知らない抜け道を覚えること?

電車を待つ5分を有効に使うコツを知ること?

どれも間違いではないですが、時間管理の本質ではありません。

時間管理とは、今この時間を本当に自分にとって重要で価値のあることに投資すること、自分の有意義な人生のために貴重な資源を有効に使うことです。おおげさかもしれませんが、実は時間管理とは人生管理の基本なのです。

少し考えてみればわかることなのですが、今この1分、1時間を自分の時間にできない人に、自分の一生を効果的に管理することなんて土台無理な話です。自分の一生を自分のものにするということは、今この時間を自分の時間にするということ。ビジネス・パーソンとして成功するための第一ステップが時間管理なのです。

時間は何があっても同じように進みます。特別な1秒、1分、1時間があるわけではありません。特別な時間にするかどうかは、あなたが何をするかにかかっています。50年後の幸せのため、30年後の経済的な成功のため、20年後の家族の団欒のため、10年後の自分のスキルアップのため、これから私たちに与えられた貴重な時間は、1秒たりとも無駄にすることはできません。

「いつかは・・・」では、おそらく永遠に目標を達成することなどできないでしょう。

いつ、何を、どのように行うのか、しっかりと計画をたて、スケジュールに落とし込まなければ実現することはありません。そのためには、あなたが日々使っている「手帳(タイム・マネジメント・ツール)」を効果的に活用する必要があるのです。
(フランクリン・プランナーの公式サイトより)

 

え?ここまできてフランクリン・プランナーから引用持ってくる?笑
いーじゃないですか、だっていいこと書いてあるんだもん♡

 

最後までお読み頂きありがとうございました。
何かの参考になる一言でもあれば幸いです。

さて、こんな類の記事がお好きなアナタには、コチラのカテゴリーの記事も楽しんで頂けるかもしれません。

→「情報の整理」カテゴリー

→「思考とメンタルの整理」カテゴリー

併せてどうぞ!

 

シンガポールのブログ村に登録しています。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

お気軽にお問い合わせ下さい↓

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

ホームページ・FBページなど

メッセージ本文

 

 

 

 

 

 

Author Profile

Eri
シンガポールでLuxenity (ルクセニティ)という小さな会社をつくりました。

パーソナルカラーや骨格スタイル分析でファッションのアドバイスをしたり、心地よい空間づくりのお手伝いをしています。

「知的に品良く美しく。」思いどおりのライフスタイルサポートを、東南アジア・東京・福岡にて提供中。

「女性と子どもの未来を創る。」をモットーに、社会貢献にも力を入れながらいつも心にスペースを広げるべく活動中です。