J’s Salonでのカットとデジパ、続報です☆

初日に想像以上に時間がかかったため、カットとパーマを分けた私。

姫のためにはそれしかなかったのよー。

だって、5時間以上なんて、姫と離れられないでしょ?(←現在授乳中。)

翌日続きのパーマをあてるために、時間通りの9:45AMにサロンへ。

パーマスペシャリストのユアンさんはちゃんと来てくれていました。

(後から聞いたけど、普通は10:30AMからお仕事なんですって。ありがとう♡

ユアンさんは英語があまり得意ではないようで、ディレクターが写真を使って中国語で説明。

私も希望のスタイルをディレクターさんに再確認。

すぐに始めるってことだけど、ひとつ私には気になる事が・・・。

昨日言われた、後頭部にボリュームを出すための「特別なパーマ」って一体なんなのーーー?

ユアンさんが素早く写真で説明してくれる。

そこにあるのは、モードな白人女性が髪を「ガタガタ」させている写真。

皆さん、覚えていらっしゃいますか?

かなり前、たしかパフィーとかがやっていた、髪全体に細かいウェーブのスタイル。

ヘアアイロンにも、「ガタガタ」がついたやつありましたよね?(今もあるのかな?)

ちなみに調べたら「ワッフルパーマ」と呼ばれていました。

そのワッフルをトップのほうに少々つけてボリュームを出すんですって。

「ガタガタ」部分はトップのヘアで隠れるから見えないと。

大丈夫って言ってくれるけど、なにせ初めて聞くやり方で・・・。

確かにデジパは根元のボリュームを出すのには向かないはずだけど、そんな「ガタガタ」髪は遠慮したい。

またまた私がゴネてると(すみません・・・)、ディレクターさん、ご登場。

なんと彼女もそれをやってて、実際に見せてくれました。

彼女は沢山ボリュームを出したかったからと、かなりの範囲がガタガタしていました。(トップだけね。)

私のはちゃんとトップのヘアで隠すし、その部分はいわゆる普通のパーマ液を使うから、そのうち

ゆるむ、と。

ふむふむ。

逆毛を立てたような感じになって、産後のボリュームダウンしたヘアにはおススメよ、と。

なるほど。

確かにボリュームは欲しい。

しかも逆毛を毎日たてるダメージを考えたら、合理的かも。

髪はあまり痛めたくないから、そんなガタガタなんてイヤだーって思ってたけど、そこまで悪くはなさそう。

実際に彼女がしてるのを見ても、遠目には分かんないし。

それに、告白しますと、ワタクシ結構冒険が好きですの。

アフリカではドレッドヘアにしてみたし(若い頃ですわよ、もちろん)、

その後ストパーもあててみたし(パワフルでした・・・)、

アメリカのド田舎で、私の全てのコミュニケーション能力を使って思い通りのパーマヘアにしてみたし。

「郷に入れば郷に従え」じゃーーーーー!!!

アラサー、新米ママ、やっぱりシンガポールでも冒険しちゃいました♡

ロッド巻かれてます。

ちょっと小さい気がして聞いてみると、ユアンさん、またまたフットワーク軽く、出来上がりのカールの

大きさを写真で見せてくれる。

安心♡

ロッドの巻き方も丁寧だし、常に「大丈夫?」って聞いてくれます。

←私が変な客だったから!?

ロッドをコードにつないで待っている間、すんごく熱くなってつらかったんだけど、ドライヤーの冷風で

冷やしてくれるし。

昨日とはうってかわってお客さんもまばらだし、サービスいいじゃなーい

昨日あんだけ待ったのは、ちょっとタイミングが悪かったのね。

トリートメントを仕上げにつけて、できあがり。

パーマと最後の仕上げカットで3時間ちょっとかかりました。

昨日の待ち時間を入れたカットまでが1時間半ちょい。

皆さん、5時間はみていたほうがイイです。

で、このデジパですが、2日はシャワーはしない方がいいそうです。

(今晩焼き肉に行くんだけど、どうしよう?)

そして2週間以内に、フォローアップトリートメントがあるそうです。

シャンプー・ブロー代のみお支払い。

1時間半かかるそうだけど、ヘアチャックもしてくれるそうだし、これはちゃんと行っておきたいところ。

ちなみに今回のお値段S408ドルなり。

(ロングでガタガタパーマを追加したから。Rock ‘n’ Roll Magical PermってメニューでS338ドルからあります。)

シンガポールの物価で安いのか高いのか分からん・・・。

でも、結果は、

大満足ーーー

手触りはまぁまぁだけど、予想以上のくるっくるのカール!

コーム一個でアップスタイルができるように。

もちろん見た目のボリュームもアップ。

ゴムの一つまとめでも、華やかさがあります。

今はまだくるっくるだけど、しばらくすれば落ち着いてくれるでしょう。

心配だったトップのガタガタ部分も、そこまで目立たない(って、そんなにボリュームアップしてるわけじゃない)。

なんと持ちは約半年以上。

それ考えると、コスパはすごくいい。

特に今後頻繁に美容院にいけない事を考えると、ね。

今回の5時間は大変だったけど、それ以上の価値があるわっ。

その間、二日にわたって姫の面倒をみてくれてた夫、どうもありがとう

あとは二日間、シャンプーなしを乗り切るのみだわ。

ちなみに、ちょっと前に日本人のスタッフが入られたそうです。

時間が合えば、次回はお願いしてみようかな。

Author Profile

Eri
シンガポールでLuxenity (ルクセニティ)という小さな会社をつくりました。

パーソナルカラーや骨格スタイル分析でファッションのアドバイスをしたり、心地よい空間づくりのお手伝いをしています。

「知的に品良く美しく。」思いどおりのライフスタイルサポートを、東南アジア・東京・福岡にて提供中。

「女性と子どもの未来を創る。」をモットーに、社会貢献にも力を入れながらいつも心にスペースを広げるべく活動中です。