シンガポール ひなまつりのテーブルコーディネート メニュー

久々にお友達を呼んで一緒にゴハンを食べました。
テーブルコーディネートを考えたりする時間は「大人のおままごと」だと常々思っていますが、
今回はメニューを考える時間も楽しかったエリーです。

やっぱりお雛様のテーマにしたくて今年も選んだグリーンのテーブルクロスとランナー。
ランナーはアラコさんのラオス土産のストールです♡

母が、母と私の着物の端切れで作ってくれた大切なお雛様もテーブルに飾ってみました。
台座にはHUUEの器を。

シンガポール ひなまつりのテーブルコーディネート メニュー

年末の夜のおもてなしの時にも使ったクリアなスクエアのプレースプレートとガラスのお皿。
お箸も透明にしてみました。
昨日のひな祭りのワンプレートおうちゴハンにはおしょうゆ受けとして使った小皿をナプキンの上にオン。

ショットグラスでもかわいいかなー、全部ガラスで揃えようかなーと思いつつ、
やっぱりこのお花の形がかわいいのでここだけ白い器を使いました。

普段ほとんど会えないお友達と奇跡的にスケジュールが合い、
2日ほど前に急に本帰国が決まったお友達とも偶然タイミングが合った今日のメンバー。
みんな写真が好きなので、まずは撮影会〜♡
いい感じお腹がすいたので、ロゼのシュワシュワで乾杯。

シンガポール ひなまつりのテーブルコーディネート メニュー

ほどよく黄みがかったピンクが和っぽくて嬉しい。
ドライなものを選びました。

今日のメニューは和食を中心としつつ、前菜にはちょっとアクセントを。

*ズッキーニと豆乳の冷たいスープ
*ビーツとカッテージチーズのムース
*うずらのたまごのファルシー
*菜の花とはまぐりを炊いたん(炊き合わせ)
*春の天ぷら(海老・筍・菜の花)
*洋風ちらし寿司

シンガポール ひなまつりのテーブルコーディネート メニュー

ずっと欲しかったTWGのチャイグラス。
形はかわいいと思いつつ、手持ちのカトラリーに合うシルバーの飾りのついたトルコグラスがあるしーと、
なかなか購入に至らなかったチャイグラス。
でもなかなかいいデザインのトルコグラスには出会えず(2つしか持っていません)、
クリスマス前にベイサンズのTWGでたまたま数が揃っていたのでお買い上げ。

課題?だったゴールドのリムは、シェル素材の白いスプーンでクリアしました。
どうしてもシルバーのカトラリーを合わせる自信がなかったの。

シンガポール ひなまつりのテーブルコーディネート メニュー

ビーツは思ったよりも色が濃く出ちゃいました。
でもチーズを増やすと味がぼやけてしまって、思いつきでとあるスパイスを苦し紛れに投入。笑
おいしいと言っていただけて良かった〜。

シンガポール ひなまつりのテーブルコーディネート メニュー

ここまででお気づきの通り、お料理もグリーンとピンクをメインに。
全体的にはピンク系が多いので、テーブルクロスはグリーンにしたんですー。

たまごは「もしかしてお内裏様とお雛様?」と聞かれましたが、
いやいや一個じゃ足りないよねーというおかーちゃん的目線から。笑

でもたまごは春のイメージだし、イースターも近いので使いたかったもののひとつ。
ひな祭りといえば、グリーン・ピンクに、なぜかちらし寿司のイエローのイメージなワタシです。
(でもイエローは今回はこれだけ。)

菜の花とはまぐりの炊き合わせは、まさにこの季節にぴったり。
朝から鰹節を削ってとった昆布との合わせ出汁と、はまぐりの酒いり汁を合わせて。
お写真撮り忘れたので、お友達にもらわなきゃ。
ま、見た目もお味も普通ですが・・・。

シンガポール ひなまつりのテーブルコーディネート メニュー

春のイメージの天ぷら。
海老と筍と(また)菜の花。
春の木の芽を探してみたけど、日系スーパーでは出会えず。

海老さんが落ちていましたが、どうぞ軽くスルーして下さいね。

奥に見えているのは洋風ちらし寿司。

シンガポール ひなまつりのテーブルコーディネート メニュー

明るい色の野菜と蛸、それにフルーツが入っています。
酢飯にオリーブオイル、パルメザンチーズという組み合わせ。

これが意外においしくて、さっぱりといくらでも頂けてしまう危険な締めゴハンです。

ここまできてお腹がまた空いてきたので(笑)、デザートは次の記事でご紹介させて下さいね。
ちょっとお夜食つまんできます!

 
↓最後までお読みいただきありがとうございました。どちらか!どちらも!ぽちっと応援お願いします。
 
いつも心にスペースを。

 女性と子どもの未来を創る。

クローゼットの見直しやスタイリングで、女性にもっと自信と輝きを。
子ども部屋を整えて、子どもたちにより良い人生を。
 
「暮らしの仕組み作り」にフォーカスした思いどおりのライフスタイルサポートを、
シンガポール・東京・福岡にて提供中。

Author Profile

Eri
シンガポールでLuxenity (ルクセニティ)という小さな会社をつくりました。

パーソナルカラーや骨格スタイル分析でファッションのアドバイスをしたり、心地よい空間づくりのお手伝いをしています。

「知的に品良く美しく。」思いどおりのライフスタイルサポートを、東南アジア・東京・福岡にて提供中。

「女性と子どもの未来を創る。」をモットーに、社会貢献にも力を入れながらいつも心にスペースを広げるべく活動中です。