先日、いつもお世話になっているnoodleさんのお宅で、
トスカーナ地方のイタリア料理を教えて頂きました。


この日のテーブルはブルークリスマス☆

メニューのテーマは「冬」。
温かく、お腹にたまるお野菜たっぷりのメニューでした。

* リグーリア風のひよこ豆の粉のフォカッチャ(Farinata Ligure)
* トスカーナ風豆とケールのスープ(Farinata Toscana)
* 洋梨の赤ワインとスパイス煮(Pere Al Vino Rosso & Spezie)
* ロロブリジダのコーヒー(Lollobrigida coffee)
(noodleさんのブログより)

スープを煮込む間にフォカッチャを作り、フォカッチャをオーブンに入れたところで
今回は軽めのデザートということで洋梨の赤ワイン荷づくりをスタート。

スープにはそのまま頂いてもおいしいパンチェッタに、豆、ケール、セロリ、サヴォイキャベツなどの
お野菜がたくさん。

ポレンタが入るので、かき混ぜるのが大変に感じるくらいの濃度!
(これだけでお腹いっぱいになります☆)


フォカッチャもよくあるパン風のものではなく、チヂミやお好み焼きのような?食感。
水分にお豆をひいた粉を混ぜて、オーブンでじっくり焼いて水分を飛ばします。
このままでもゴルゴンゾーラやジェノベーゼをのばして一品になるし、
今回のようにスープに添える形でも。
本来はピザ釜で焼くものだそうで、いつか本場で食べてみたいです☆


洋梨の赤ワイン煮、大好きな1品。
少しお水を混ぜたり、オレンジリキュールを混ぜたりと、さっぱり頂けました。

そして名前もかわいい「カフェ・ロロブリジーダ」。
エスプレッソに砂糖を加えて泡立てたコーヒークリームを、お好きなだけエスプレッソに入れます。
(普段もしませんが)ただお砂糖を混ぜるよりも、まろやかなお味になる気がして、おいしかったです☆

近いうちに復習をしなければ☆
キッチンを使わせて下さったnoodleさん、ご一緒させて頂いたみなさん、ありがとうございました。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

↑シンガポールには素敵なコトがたくさん!応援ぽち、お願いします☆

いつも心にスペースを。


Author Profile

Eri
シンガポールでLuxenity (ルクセニティ)という小さな会社をつくりました。

パーソナルカラーや骨格スタイル分析でファッションのアドバイスをしたり、心地よい空間づくりのお手伝いをしています。

「知的に品良く美しく。」思いどおりのライフスタイルサポートを、東南アジア・東京・福岡にて提供中。

「女性と子どもの未来を創る。」をモットーに、社会貢献にも力を入れながらいつも心にスペースを広げるべく活動中です。