子どもの夏休みを前に、イベントが目白押しなことに気づいたシンガポールのライフスタイルコンサルタントのエリーです。
ファッションで魅力を引き出したり、快適でステキな空間づくりのお手伝いをしています。

ムスメの通う学校でのボランティアや(あまりやりたくないけど、ムスメが喜ぶので、ね)、
夕方のプレイグラウンドでのポットラックに、今後はパーティーも。

アニマルデーってなんですかそれ。
一緒にバニーの耳を買いに行きましたよ。ふぅ。
(写真の金髪おネーサンみたいな耳がいいとか言っていましたが、かわいねーとスルーw
ピンクのふわふわのにしておきました。)

それに加えてこっちは学校からのお手紙やemailをハンドルするのにも精一杯な時なのに、
いつもにも増してマイペースな我がムスメ。
ワタシ達あてのラブレターや、なんだかよくわからない芸術作品をお持ち帰り。

絵もけっこう溜まるし、折り紙やら立体の構造物に至っては、明らかにスペースオーバー

やっぱり写真に残すのが便利

というわけで。

我が家ではひたすら「写真に残す」方法でクリアしています。
絵だけは、ワタシが気に入ったモノは保管しておいて、毎年スクールから持ち帰るフォルダーにはさむだけ。

立体のものは、子どもに持ってもらって写真に残すといいですね。
成長ぶりが分かります。

とは言え、気まぐれでかつ恐ろしいほどの記憶力を持つ子どもたち。
ふとした時に「あの時作ったアレは?」とか聞かれませんか?

我が家にも当然そんなヒヤッとする瞬間があります。

ですので、大体こんなプロセスで最後のさようならまでやっています。

①週末くらいまで目につくところに置いておく。
②子どもの目が届かないところに移動(我が家ではゲストルーム)。
絵はファイルボックスに。
③ある程度たまってきたら、一気に写真に残す。
④こんな風に沢山撮ったよ〜とムスメに見せる(見せない時もアリ)。
⑤その際に溜まった現場を見せながら、もう置けないからさようならね、と伝える。

ライフオーガナイザーの資格をもつものとしては、特にチャレンジして頂きたいのが
スペースは有限ではないことを、子どものうちから教えるチャンスです。

たまーにコレはダメ!と言われるモノもあるけれど、そんな時はこのプロセスをリピート。
大体のものとはお別れできます。

問題なのはハハが残しておきたい絵やお手紙が多すぎること。笑
でもなんとかファイルに挟めるだけで頑張っています。

IMG_8857

先日の文化祭?で”Where the Wild Things Are”(怪獣たちのいるところ)のパフォーマンスをした彼女たち。

グレーのTシャツに自分でイラストを描いて着ていました。

このままパジャマにすると、主人公のMaxみたいに夢で怪獣に会いそうなので、
おそらくこのTシャツは処分。

なので、本と当日履いたデニムのスカートとパチリ。

IMG_8858

アップももう一枚残します

IMG_8866

本の挿絵を描いたものも一緒にね。
こちらは保存するだろうなぁ。

このTシャツも、今はお洗濯をしてクローゼットにいれているけれど(あえてパジャマと一緒に入れてみた。着るかしらん。)、しばらくしたら見えないところに移動の予定。

処分する時には、おそらく(学校で習った)「リサイクルして」だの「他にほしい人にあげて」だの言うのでしょうね。

我が家のやり方ですが、どなたかのご参考になれば。

よろしければこちらの記事もどうぞ♡

8月中に見直したい!子どもの作品。

***

残席わずかとなりました。

【5月のセッションスケジュール】

12 (tue)  お申し込みありがとうございます!
15 (fri)    雑誌の取材が入りました!
19 (tue)  お申し込みありがとうございます!
20 (wed) お申し込みありがとうございます!
21 (thu) お申し込みありがとうございます!
22 (fri)
26 (tue)
27 (wed) お申し込みありがとうございます!

28 (thu)  お申し込みありがとうございます!
 

6月は、中旬1週間ほど不在にしますが、月末までシンガポールにいる予定です。
前半・後半のお申し込みを受けつけています。

メニューはこちらからどうぞ。→

日本では、7月前半に福岡・後半が横浜となります。
日本でも通常どおりのサービスメニューをご提供予定です。
お問い合わせ下さい。

7月12日(日)、福岡で【パートナーを探している女性向け】のちょっとワクワクできてキレイになれるイベントを企画中です♡
若くてハンサムで優しい男性も登場しますよ〜
ご興味のある方はカレンダー空けておいて下さいね♡

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
↑最後までお読み頂きありがとうございました☆応援ぽち、お願いします!

女性と子どもの未来を創る。

クローゼットの見直しやスタイリングで、女性にもっと自信と輝きを。
子ども部屋を整えて、子どもたちにより良い人生を。

「暮らしの仕組み作り」にフォーカスした思いどおりのライフスタイルサポートを、シンガポール・東京・福岡にて提供中。

いつも心にスペースを♡

Author Profile

Eri
シンガポールでLuxenity (ルクセニティ)という小さな会社をつくりました。

パーソナルカラーや骨格スタイル分析でファッションのアドバイスをしたり、心地よい空間づくりのお手伝いをしています。

「知的に品良く美しく。」思いどおりのライフスタイルサポートを、東南アジア・東京・福岡にて提供中。

「女性と子どもの未来を創る。」をモットーに、社会貢献にも力を入れながらいつも心にスペースを広げるべく活動中です。