一時帰国の着回しファッション、途中で終わっていました。
シンガポールのライフスタイルコンサルタントのエリーです。
ファッションや、快適でステキな空間づくりのアドバイスをしています。

後半、あまり着回しがつまらなくて気分が乗らなかったワタシ。

【ホントに10着だけでいい?】クローゼットオーガナイザー、春の8日間 着回しコーデ実録

写真もあまり撮っていなかったので、洋服がクリーニングから戻ってきたので、ちょっと撮ってみました。

Day 10

Day 10

Day 11

Day 11

Day 12

Day 12

Day 13

Day 13

もう、なんでしょこの気分がのらない感じ。
限られた服と小物での「同じじゃないコーデ」はできるけど(考えてて楽しいけど)、
実際に2週間似たような服ばかり着るのは、ワタシは楽しくないなぁ。

小物パワーって大きくて、雑誌のコーデ特集にもこれでもか!というスパイスを加えるのって洋服じゃない小物なんですよね。

Day 14

Day 14

Day 14 Arrange

Day 14 Arrange

日本ではしなかったけど、例えば14日目のコーデの小物を変えるだけで、
ぐぐっと印象かわりますよね。
(ブラックサンデー用に特別に持ち帰った黒のこちらのジャケットは、一応、今回の10着カウントから外しました。)

そんな意味で【10着】というのは多くの人に通じるかもしれませんよね。
今回10着で14日分のコーデの写真をアップしましたが、全く同じコーデとか小物を変えたスタイルにしたら、10着でも余裕で1ヶ月まわせそう。

あとは気分の問題。
もしくはクローゼットのスペースの問題。
さらには自分のファッションの軸の問題。

例の有名な本、実はパラパラーっとしか読んでいないのですが、そんなメッセージがこめられているんじゃないかな。

ただやみくもに服を買うだけじゃなくて、マイスタイルを持った買い物で服や小物が増えるのは、女性にとってやっぱり楽しいことじゃないでしょうか。

まずはマイスタイルを知りましょう。
その後クローゼットを見直しましょう。
そしたらレッツ・ショッピング!

あなたは今どのステージですか?
優しく厳しく、お手伝いいたします♡
↓どうぞメニューはこちらから。
http://organizedlifespace.com/ja/service/menu/closet/

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村
↑最後までお読み頂きありがとうございました☆応援ぽち、お願いします!
いつも心にスペースを。

女性と子どもの未来を創る。

クローゼットの見直しやスタイリングで、女性にもっと自信と輝きを。
子ども部屋を整えて、子どもたちにより良い人生を。

「暮らしの仕組み作り」にフォーカスした思いどおりのライフスタイルサポートを、シンガポール・東京・福岡にて提供中。

Author Profile

Eri
シンガポールでLuxenity (ルクセニティ)という小さな会社をつくりました。

パーソナルカラーや骨格スタイル分析でファッションのアドバイスをしたり、心地よい空間づくりのお手伝いをしています。

「知的に品良く美しく。」思いどおりのライフスタイルサポートを、東南アジア・東京・福岡にて提供中。

「女性と子どもの未来を創る。」をモットーに、社会貢献にも力を入れながらいつも心にスペースを広げるべく活動中です。