「毎日、子どもの散らかしたおもちゃを前にして、ため息をついているママンに福音! 
予約半年待ちというほど人気のライフスタイルオーガナイザー・鈴木尚子さんに、
子どものお片づけセンスを養うオーガナイズ指導法をレクチャーしていただいた。」

なーんて魅力的なコラムを発見しました。
たまにしか見ていなかったけど、やっぱりいいなぁ。

naoさん(画像はELLE mamanよりお借りしました)は、
私が日本でオーガナイズに再会するきっかけとなったお方。
いつもパワフルで、お会いするたびに元気を頂きます。
短いコラムではあるけれど、ヒントがたくさんです。

 
  *子どもそれぞれに、得意不得意なことがある
  *自分の子どもの「利き脳」は何タイプ?
  *お片づけレッスンはいつから始める?
  *自分で管理できる量をはっきりとさせる

と、4つの見出しにそって読んでいくと、目からウロコなママンもいるかも。
良かれと思ってやっていたことは、本当にこどものためになっているのか。
私もまた考えさせられました。

ブログでも何度か書かせてもらっていますが、こどものころから教わることは、
その子の人生に多かれ少なかれ影響してきます。

もしお子さんに「自分のことは自分でできる、自立した大人になってほしい」と思われるのなら。
お片づけは、そのステップのひとつかもしれません。

おんなのコのママンだけでなく、おとこのコのママンにもきっと役立つ「ライフオーガナイズ」。
息子さんの未来の奥さんに「ウチの旦那さん片づけができなくてー♪」とノロけて頂いてもいいですけど。笑

旦那さんの片づけについてもう少しだけ書くと、
片づけに対する夫婦間の違い(=大抵がケンカのもとだったりする)は、
血液型というよりは、利き脳の違いが大きく関わっていると思います。
相手のやり方がお好みでない場合、かなりの確立で逆の利き脳のカップルなようです。
それを冷静に受け止め、苦手なほうに合わせると、結構おうちの中のお片づけはすんなりいくものです。

ちなみに。
こどもの利き脳の傾向が出てくるのは6歳前後と言われています。
もっと小さくてもちょっと観察すると、色々個性がでていておもしろいです。
私もまだまだ発展中の娘を観察しては楽しんでいます。

コラム後半の、こどものモノの量についての内容もとても興味深かったです。

ELLE maman: 片づけ上手な子どもを育てる「ライフオーガナイズ」術

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

↑ランキングに参加しています。ぽちっと応援お願いします。

いつも心にスペースを。

Author Profile

Eri
シンガポールでLuxenity (ルクセニティ)という小さな会社をつくりました。

パーソナルカラーや骨格スタイル分析でファッションのアドバイスをしたり、心地よい空間づくりのお手伝いをしています。

「知的に品良く美しく。」思いどおりのライフスタイルサポートを、東南アジア・東京・福岡にて提供中。

「女性と子どもの未来を創る。」をモットーに、社会貢献にも力を入れながらいつも心にスペースを広げるべく活動中です。