IMG_0452

 

先日取り組んでいた色の課題に、好きな配色がありました。

オレンジとカーキ。
似たような色の配色(アナロジー)と、もう少し離れた色の配色(インターミディエート)の間くらい。
そこにグレーとベージュ(ltg6)。

お洋服だとあまりシンガポールの光に映える配色ではないけれど。
日本の秋やヨーロッパで来たい配色。
お着物だとしぶーく着れそう。
オレンジは絶対に帯〆。

あー妄想がw

IMG_0464

 

↑で思い出したのがこちらのスカーフ。
色が似ている!

 

IMG_0465

 

トップのお写真の配色の色のバリエーションが増えたこんな感じ。
色のサークル(色相環)から一色を起点に4−7つくらい色を離します。
90度くらい離すイメージです。

そうすると色の変化が出てくるけれど、まだ色調が似ていて馴染む配色に。

 

IMG_0466

 

↑でもおもしろいなーと思ったのが、さらに起点のオレンジからほぼ180度近く色を離した色が入っていること。
こうするとコントラストが出てきて、ぐっと色に深みが増します。

 

pccshue

PCCS色相環。日本色研サイトより。

 

そんな馴染み配色もコントラスト配色も、さらにはもっと別の配色も。
こちらの色のサークル(色相環)から見ることができます。
その次に、どんな色味なのか「トーン」まで考えられるとベター。
あわーい色なのか、濃くて暗い色なのか、それともグレーが混ざった色なのか。

この色相環、私は若い頃に出会って着物の帯選びに使っていました。
今でも帯と一緒にしまっています。

パッと見て「ステキ」と思うファッションには、「色」のヒントが隠れています。

→『【街で見かけたステキな色合わせ】ペールトーンの軽やかな着こなし
→『ベーシックなカラーだって立派な差し色になります
→『【ニュアンスカラー】着こなしが広がるファッションカラーは持っていると重宝します

 

まずはあなたには「馴染み配色」が似合うのか、それとも「コントラスト配色」が似合うのか、普段のファッションで検証してみてください。
注:)シンガポールの日差しの下では多くの方が「コントラスト」寄りになります。
お友達に聞いてみるのもいいかもしれませんね。

馴染み配色が似合うかも?なあなたは、少しグレーがかった色のお洋服を。
色相環では上記のように90度内くらいのお色で。

コントラスト配色が似合うかも?なあなたは、清色=グレーではなくて白か黒かがのみが混ざった色を。
色相環では180度近く離れたお色を使っても。
大きな面積で二つの離れた色を使うと相当なコントラストなので、面積は小さく。
小物くらいのアクセントで♡

ちょっと意識するだけでも、すぐに「ステキ」になれますよ。

そーんな事ももっと話したい秋からの自宅でのライフスタイルレッスン。
ご興味のある方はメーリングリスト↓へのご登録をお願いします♡

 

↓応援ありがとうございます♡
ブログ村に登録しています。

いつも心にスペースを。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

***

キレイをご一緒いたしましょう!
6月のお買物同行・ファッションアドバイス・似合うを広げるカラー診断・クローゼット収納アドバイスのセッションを受けつけています。
(あと数日のみ受付可能です。)

上半期のシンガポールでの活動は6/15までとなります。
6/16-7/10まで福岡(時々東京にも出没)です。
7月残りの3週間は、シンガポールへご旅行の方のショッピング同行を中心に夏のセールをお客様とご一緒しています。

人生が輝くDREAM CLOSETセッションの詳細はコチラ>>
シンガポールでのショッピング同行も!ご旅行中も効率的なショッピングのお手伝いします♡

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

ホームページ・FBページなど

メッセージ本文

Author Profile

Eri
シンガポールでLuxenity (ルクセニティ)という小さな会社をつくりました。

パーソナルカラーや骨格スタイル分析でファッションのアドバイスをしたり、心地よい空間づくりのお手伝いをしています。

「知的に品良く美しく。」思いどおりのライフスタイルサポートを、東南アジア・東京・福岡にて提供中。

「女性と子どもの未来を創る。」をモットーに、社会貢献にも力を入れながらいつも心にスペースを広げるべく活動中です。