シンガポールでのファッションアドバイスや快適な空間づくりのトータルライフサポートをしているライフオーガナイザーのエリーです。

実はこの週末、仙台市で開催されている国連世界防災会議に出席してきました。
時々お手伝いしている防災関係のお仕事ですが、今回はNHKさんのフォーラムに登壇。

出張コーディネート

仕事の準備もそうですが、女性としては出張の時何を着るかって、
意外と気になることではないでしょうか。

出張の内容や会う人に合わせたスタイリングで、シワになりにくくて、
できれば着回せるコーディネート。
ご自身の役職をしっかり示すことも大切。

男性に比べ、ワンピース、スカート、パンツXジャケットとバリエーションがあるため、
コーディネートには若干頭をひねります。

海外出張コーディネート

今回は気温33度のシンガポールから3度への仙台への出張です。
ブーツを履きたいのは山々だけど、3月という季節感、国際会議とあり、
パンプスでしょ。。。と見てみたら。

つま先が閉じているヒール靴、4足しかない。
でも一応カラーはちがうわ。なんとかコーディネートはできるわね。と心の中でつぶやき、

まずはシルバーの金具がついたパンプスをドロップ。
今回のコートは黒のマント(去年の一時帰国でも大活躍)。
全体的に暗い色味のコーデになるのでゴールド系のアクセを会わせる予定。
なので靴の金具だけシルバーなのは居心地悪い。

次はメインの日のコーデを考えます。

海外出張コーディネート

国際会議であること、200名の前でのプレゼン、しかも後日TV放映もあるとのこと。
多少のインパクト必要です。
何せ顔が地味なのでね。

選んだのは最近よく着る鮮やかな色のノースリーブのワンピース。
着ているとほめられます。
そこに白のジャケットを合わせました。
欲を言えばもっと黄みがかった色がいいのですが、
今回の目的には合うので良しとしましょう。
白のジャケットはテーラード、ノーカラーと持っていますが、
選んだワンピにはこの形がベストでした。

アクセサリーはあえてドロップタイプ。
会議なら視線がより顔近くに集まるのでパールにしたと思います。
とはいえ、「いかにも」って感じよりも「私らしく」とこちらのゴールドを。
ピアスはパールくらいの大きさの、やはりゴールドのものを合わせました。

海外出張コーディネート

夜はレセプションディナーがあるとのことだったので、大ぶりのイヤリングをチョイス。
合わせて黒のジャケットにお着替え。
色の強い組み合わせなので、パールの白を足して中和したい気分w
海外出張コーディネート

ちなみにこの黒のジャケットとパールのネックレスは、前日の打合せの時に使用。

海外出張コーディネート

最終日は、展示会ブースにも少し立つ予定だったので、白のカーデガンと黒のパンツ。
顔周りには得意ゾーンのスカーフを。
カーデガンは、寒いときの温度調節もできるし、
リラックスしたい時にジャケットの変わりにはおれるのではやり便利です。

IMG_6151

ところが会議場の空調がかなり温かく、結局こんなスタイルに。
朝あまり時間がない時に撮ったので、スカープ乱れております。。。失礼。
ちなみにスカープリングもなかったので、つけていた指輪で代用。

海外出張コーディネート

結局パンプスは黒とカーキ。
ストールとバッグで色味を合わせた、黒セットとカーキセットを用意しました。

海外出張コーディネート

もはやフライト内での寒さを感じない身体になっているので(笑)、
シンガポールから日本まではノースリーブ。
襟ぐりが広いので、スカーフ巻いておきました。
久々に使ってみたかったってのもありますw

IMG_5985

日本に着いてからはグレーのカシミアのセーターを着て。
こちらも(というかほぼどのアイテムも?)去年の一時帰国の時に活躍したアイテム。

IMG_5984

ケープコートを着たらこんな感じ。
初日の仙台の夜は寒かったです。(当たり前。)
ロンググローブにも助けられました。

だらだらと書いてしまいましたが、今回のコーディネートを決めた順番です。

①ふさわしい靴を集める
②コートを決める
③メインの日のコーデとそこからのバリエーションを決める(今回はレセプション)
④他の日のコーデを決める(この時フライトでも着れるコーデだとベター)
⑤靴、ストール、バッグなどの小物セットを作る

結局、黒小物セットのバッグはビジネス様にチェンジしましたが、
中身3日、移動2泊分の出張を無事終えることができました。

ご出張の際のヒントになれば幸いです♡

よろしければ過去記事もどうぞ。
気づけばシリーズ化しておりました。

夏服を冬に着こなす☆一時帰国・帰省時のコーディネート
冬の一時帰国ファッション☆コーデのコツ
帰省や旅行にも使える冬の一時帰国コーデのコツ
小物で楽しむ!冬の帰省・一時帰国コーデ
ケープコートで帰省・一時帰国コーデ

↓最後までお読みいただきありがとうございました。ぽちっと応援お願いします。更新の励みになります♡

 
いつも心にスペースを。

女性と子どもの未来を創る。

クローゼットの見直しやスタイリングで、女性にもっと自信と輝きを。
子ども部屋を整えて、子どもたちにより良い人生を。

 「暮らしの仕組み作り」にフォーカスした思いどおりのライフスタイルサポートを、
シンガポール・東京・福岡にて提供中。

Author Profile

Eri
シンガポールでLuxenity (ルクセニティ)という小さな会社をつくりました。

パーソナルカラーや骨格スタイル分析でファッションのアドバイスをしたり、心地よい空間づくりのお手伝いをしています。

「知的に品良く美しく。」思いどおりのライフスタイルサポートを、東南アジア・東京・福岡にて提供中。

「女性と子どもの未来を創る。」をモットーに、社会貢献にも力を入れながらいつも心にスペースを広げるべく活動中です。