週末お友達家族とシンガポール北西部にあるオーガニックの農園に行ってきました☆

 

Bollywood Veggies

 

セントラル地区の我が家から、時間にして30分ほどで到着。

 

恐竜たちのお出迎え

 

 

思っていたよりもこぢんまりとした農園で、テーマ別にエリア分けされていたりしてとっても歩きやすかったです。

 

ベビーカーも大丈夫☆

フルーツや野菜が少しずつ植えられていて、この辺りで収穫される食物について
色々分かって面白い。

 

 

 

最初にふら~と農園を歩いて、それからランチ。

 

(地元のファミリーでどんどん混んでくるので、早目のランチがおすすめ。)

まずは冷たいハーブティーでチルアウト。

 

レモングラスティー、フィグティー、それにアロエなど。

 

 

 

Poison Ivyという名前がついていて、ヘルシーなローカル食からインターナショナル食まで、
結構なメニュー数。

 

 

 

 

 
オーナーさんのバックグラウンドか、カレー類はかなり美味しい。

 

それにチキン系も。

 

ブラウンライスももっちりと炊けていて、とても美味しかったです。

バナナケーキも人気のようで、(おそらく)バターを使わずに焼いたさっぱり味。

 

いくらでも頂けそう☆

 

ヘルシーなレストランではこんなおちゃめなメモも。

 

「減塩でお食事を提供しています。毒-Poisonで血圧をあげたい方はお申し出下さい。」

お食事に来ていたファミリーのお兄ちゃんが姫をかなり笑わせてくれて、
彼の妹ちゃんは焼きもちで泣いてしまいました。

 

姫はもう、お兄ちゃんの芸?に釘付け。

 

 

 

農園でとれた野菜やフルーツ、それにスイーツ類も販売されていて、
バナナケーキとまだ青いバナナを買って帰りました。

 

 

 

 

 

20名以上の来園者には30分のツアーもあって、色々学べそう。

 

その日も学校から子供たちが来ていました。

のんびりと休日を過ごすことができました☆

 

Author Profile

Eri
シンガポールでLuxenity (ルクセニティ)という小さな会社をつくりました。

パーソナルカラーや骨格スタイル分析でファッションのアドバイスをしたり、心地よい空間づくりのお手伝いをしています。

「知的に品良く美しく。」思いどおりのライフスタイルサポートを、東南アジア・東京・福岡にて提供中。

「女性と子どもの未来を創る。」をモットーに、社会貢献にも力を入れながらいつも心にスペースを広げるべく活動中です。