シンガポールでファッションアドバイスや快適な空間づくりのトータルライフサポートをしているライフオーガナイザーのエリーです。

一時帰国・帰省コーデ Singapore fashion styling

Day 0

一時帰国・帰省コーデ Singapore fashion styling

Day 1

Singapore fashion personal styling

Day 2

一時帰国・帰省コーデ Singapore fashion styling

Day 3

一時帰国・帰省コーデ Singapore fashion styling

Day 4

一時帰国・帰省コーデ Singapore fashion styling

Day 5

一時帰国・帰省コーデ Singapore fashion styling

Day 6

一時帰国・帰省コーデ Singapore fashion styling

Day 7

今日で日本滞在Day7。
移動日含めて8日となりました。
ワタシにしてはかなりのカジュアル続きの日々。
写真に撮ってみて、やっぱりあまり得意じゃないなーと。苦笑
いま新しいタイプの靴の購入を考えていて、そうしたら少しモードよりにもっていけるかしら。

ここまでで着回した洋服です。

  1. グレーのスウェットトップス(後ろに大量のスワロつき)
  2. 白い長袖T
  3. 白のカットソー(これも後ろのデザインがかわいいですー)
  4. ネイビーのボーダーカットソー
  5. 黒のジャケット
  6. ピンクのジャケット
  7. ピンクグレーのカーデガン
  8. ウォッシュドジーンズ
  9. シルバーグレーのジーンズ
  10. ネイビーのペンシルスカート
  11. ベージュのワンピ

白いスニーカーはこちらで買いましたが、その他はシンガポールでも着ているものでコーディネート。
毎日スタイル変えてみています。
少ない服でも着回せるのは一時帰国や旅行の際には便利。
そしてこんな時は、想像力を働かせて、コーデ力をアップさせるチャンス。

深夜フライトでの移動日、お仕事、勉強会、そしてムスメとの公園デートにお花見。
オン・オフありつつ、着回したのは11着。

黒のジャケットを着たのは、先日のシンガポール建国の父の国葬のため
こちらを特別な日用として省いたら、ちょうど10着。

今ちょうど流行っている本と同じ「10着」ですね☆

来週の東京はお仕事があったり、仕事仲間にも会うのでカジュアルなスタイルは減ると思います。
でもおそらくシンガポールから持ち帰った服でコーデできると思います。

じゃあこの10着でいいじゃない〜
わークローゼットもすっきりしそう〜
本みたいなフランス女性みたい〜

で、ワタシがこれで喜んでいるかというとむしろ逆

会う人も多いし、オン・オフ・ママ・嫁・・・と役割も多いから、もっと色々着たい。
どれもお気に入りだけど、小物を変えてもやっぱり着る頻度が多いとちょっとつまらなくなります。

あくまで、「ワタシは」ですけれど。

色ももっと取り入れたいし、やっぱりもう少しキレイめのスタイルがいいわ。

ただ、少ない服で着回せる軸があるのはとても大切ですよね。
自分のライフステージに合っていて、自分をより素敵に見せる服が何着か。

そこにプラスして、さらに着こなしの幅を広げるお洋服と小物。

私はクローゼットのお片づけのアドバイスもしますが、基本「捨てましょう」とは言いません。
でも「選びましょう」とは言います。

まずはご自分の軸を確認して頂きたいから。

収納スペースがあるのであれば、そして既に自分軸があるのであれば、お洋服の数は関係ない。
むしろ女性としては、多いほうが楽しいと思っています。
もちろん質の良い物を少しずつ増やしつつ、大切に何年も着続けながら、ね☆

みなさんのお洋服への思いはいかがですか。

やっぱ10着じゃ足りなくない?!

↓10着派の方も、そうじゃない方も。どちらか!どちらも!ぽちっと応援お願いします。

 
いつも心にスペースを。

女性と子どもの未来を創る。

クローゼットの見直しやスタイリングで、女性にもっと自信と輝きを。
子ども部屋を整えて、子どもたちにより良い人生を。

 「暮らしの仕組み作り」にフォーカスした思いどおりのライフスタイルサポートを、
シンガポール・東京・福岡にて提供中。

Author Profile

Eri
シンガポールでLuxenity (ルクセニティ)という小さな会社をつくりました。

パーソナルカラーや骨格スタイル分析でファッションのアドバイスをしたり、心地よい空間づくりのお手伝いをしています。

「知的に品良く美しく。」思いどおりのライフスタイルサポートを、東南アジア・東京・福岡にて提供中。

「女性と子どもの未来を創る。」をモットーに、社会貢献にも力を入れながらいつも心にスペースを広げるべく活動中です。