時々書いている東北支援ネタです。

海外にいて、ニュースの入手量って絶対減っているし、被災地のニュースがあまり耳に入らなくなりました。
普通に暮らしていて、時々拾えるのは3面記事的な内容が多い気がします。

タイトルの3000円ですが、早稲田のMBA講師の西條さんという方が「ふんばろう東日本」で、被災地への支援を再度呼びかけていらっしゃいます。

「みなし仮設」と呼ばれている、いわゆるプレハブの仮設住宅以外に住んでいる方への支援が、かなり滞っているとのこと。
仮設住宅に暮らす方々へは(色々問題は山積みだけど)とりあえずの支援があると(むしろ場所によっては余剰だと)聞くことが多かったのですが、このみなし仮設の現状は、お話しを聞くまであまり知りませんでした。

今回西條さんたちが計画しているのは、おこたつかホットカーペットを、希望のあったみなし仮設のご家庭にお送りするというもの。

当初予定していたの5,000台を超えて、リクエストのあった13,000台を配りたいと。
でも、資金がどうしても足りなくて、サポートを呼び掛けています。

→ふんばろのトップページ右上にリンクがあります。

西條さんに以前お会いしたことがあるのですが、さらっとしたスマートな方でした。
大きなことをやっているのに、いい感じで「普通」なんです。
だからこそ沢山の方に支えられているんでしょうね。

3000円ってシンガポールドルで50ドル札1枚。
ちょっと何かを我慢すれば払えるかなーと、(他に細々と水面下で動いていますが)とりあえず1口サポートさせてもらいました☆
(被災地からの申し込みの際に同封されているお手紙を読むと、何かしたくなります!)

シンガポールでは女性が中心となってチャリティーイベント(次は1月15日ですね♪)が何度も行われていたり、震災後すぐにこちらでビジネスをやっている和僑協会のメンバーがイベントをしたり、とても意識が高く、それに「結束」している感じです。

ふんばろうさんでは他にもクリスマスキャンペーンや色々なプロジェクトをやっているので、ご興味のある方は応援してあげて下さい。

あたたかい家電を送るキャンペーンは12月26日(月)までなので、もし日本に口座があったり、何かしたいなーって思う方がいらしたら是非(クレジットカードも使えます)☆

あぁ、今日も長くなってしまいました。
いつもブログを読んで下さってありがとうございます☆
今回の件、ブログやツイッターとかでみなさんのお友達に共有して下さったら嬉しいです。

Author Profile

Eri
シンガポールでLuxenity (ルクセニティ)という小さな会社をつくりました。

パーソナルカラーや骨格スタイル分析でファッションのアドバイスをしたり、心地よい空間づくりのお手伝いをしています。

「知的に品良く美しく。」思いどおりのライフスタイルサポートを、東南アジア・東京・福岡にて提供中。

「女性と子どもの未来を創る。」をモットーに、社会貢献にも力を入れながらいつも心にスペースを広げるべく活動中です。