アラフォー女の私、少しずつ角がとれて丸くなっているはず。
そう信じたい。

シンガポールに5年以上住んでいれば、いろんな所に旅していれば、
「自分の価値観が通じない」ことには慣れるもんです。
私も成長したなぁ。

なーんて、のんびりできないのが異国への旅。
生きる事にタフで笑顔のステキなベトナム人相手に、ママ頑張りました。


あんな人数が普通に道ばたで食事するって、結構街は清潔よ。

①リキシャおじちゃんとの交渉

いやー、分かってたんですよ。
だから乗りたくなかった。
でも、ムスメが!わたしの愛するムスメが言うのですよ。
「アレにのりたい!」と。
おじちゃんの笑顔も気にいったはず。

でもね、ママは知っていたのよ。
交渉が大変だと・・・。

1時間いくら〜、なんてのは必要なかったので、
「あなたの値段は高い。10分で○○ドン、どこそこまで。どう?」と
こちらかの提案をのんでもらうのに10分。
朝のまだ静かな街を風をきって移動できるのは心地よかったけど、
おじちゃんの身の上話が続く続く・・・苦笑


こんなん建ってた。ヘリポートもあるらしい。

目的地に着いても立ち去らない。
もういいよ、おつかれさま!と
お金を渡そうとしても、笑顔で別の話題にすりかえる。
いざ目的地を去ろうとした時、やっぱり元の交渉価格よりはるかに高い金額を言ってきた。

最初は「ムスメの前だからあなたともめたくないし、大人の話をしましょう。」
なーんて静かに言っていた私も。
ここでのガイドはたのんでない!お支払いしようとしたのに受け取らなかったのはあなただ!と
アドレナリン大放出。うふ♡

最終的に目的地に着くまで10分以上はかかっていたので、
すこーしだけ多めのお金をにぎらせて、立ち去ってもらいました。

ムスメはちーさくちーさくなっていましたが、そばで見ていたご家族のママがヨシヨシと。
パパは身振り手振りで、アイツが悪いみたいなことを伝えてくれて、
私のアドレナリンをクールダウンしてくれました。

でもね、あのおじちゃんの笑顔、キライじゃなかったな〜。
生活するのに必死なんだろうな。
他のみんなは払う!と言っていたので、いつもはうまくいくんだろうな。
Too bad!
他の優しい観光客のみなさんにたくさん頂いてねw
リーズナブルな値段なら、おじさん、またよろしくね♡

②靴修理のおにーちゃんたち

ムスメに小鳥のヒナを持たせて笑顔で話かけてくる若いおにーちゃんたち。
残った写真の彼ら、ホントにいい笑顔!

だけどね、私の古ーくなったサンダルをまるでマジックのように脱がせ、
修理し、いらないというのにソールまでつけてくれた。。。

もうお分かりですね。
当然、ベトナムの物価にはありえない価格をふっかけられた。
私も鬼じゃないので、多少のことには目をつぶるわ。
でもね、本当に捨てようと思っていたサンダルなのよ。
一言も頼んでないし、このボロいサンダルにその価格は払えん。

ここでも地元のおじさんに助けられた。
さっきからずっとコチラを心配そうに見てくれていて
「イラナイ・イラナイ、ハヤクタチサレ」と身振りで信号を送ってくれてる。

そのおじちゃんにいくらくらいが妥当?と教えてもらって、
その金額を払おうとしたら、おにーちゃんたちゴネてたけど、
なんとお金をもらわずに立ち去った。
あら♡タダで修理してくれたのね♡
(何気に)とっても歩きやすくなったわ。
まだまだ履けそうよ、このサンダル。


さすがにムスメ連れでバイクタクシーには乗らなかったけど。←バンコクで乗った人。

③エアコンがない

いや、正確にはいろんな所にあるのです。
ただ私たちが行かなかっただけ。
(オープンエアな食堂での食事→)
普段ディープでおいしい旅を続ける今回の旅の食事の友と、
こじゃれたところに行っていられるでしょうか(いや、ない)。

これまでも色んなアジアの国を中心に旅行に連れていってるけど、
だんだん、たくさんの事を感じられるようになったはず。

そんな意味でも埃っぽくもなく、かなり清潔だと感じられるホーチミンって
ばっちりじゃない。
初日からガリガリ氷を齧って、生野菜を自ら食べてたしね(←生水、ね)。


ピンクのバイクにピンクのシャツのおじさん。

道を渡る時にかなりの数のバイクが突っ込んでくるので、
ずーっと抱っこしてたり。
夫がいないので、私もきっといつもより気が張ってたり。
シンガポールでの育て方を考え直す機会になったり。

彼女の反応を見ながら、私もいろいろ考えたのでした。

なんとか4話目終了。
もう少しで完了!・・・するはず。

4歳児を連れて、旅してみる。
4歳児との旅、初日。
母娘たび2日目@ホーチミン。ムスメ、へこたれる。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

↑最後までお読みいただきありがとうございました。ぽちっと応援お願いします。

いつも心にスペースを。

Author Profile

Eri
シンガポールでLuxenity (ルクセニティ)という小さな会社をつくりました。

パーソナルカラーや骨格スタイル分析でファッションのアドバイスをしたり、心地よい空間づくりのお手伝いをしています。

「知的に品良く美しく。」思いどおりのライフスタイルサポートを、東南アジア・東京・福岡にて提供中。

「女性と子どもの未来を創る。」をモットーに、社会貢献にも力を入れながらいつも心にスペースを広げるべく活動中です。