出典:http://masi-maro.com

出典:http://masi-maro.com

 

2016年のトレンドヘアカラーのひとつ「スケルトングレー」。
アッシュでも透明感のある色で、気になるカラーです。
この写真のコもむちゃくちゃかわいー♡

なんて言いながら、アッシュ系はどうしてもマットな色味になることが多いので避けている私。

だって大人にはツヤが必要でしょ?

いや、半数の大人はツヤがなくてもとってもいい雰囲気になるスモーキーさんなので、必ずツヤが必要ってわけではないのですが。
(Color+Shape(R)のパーソナルカラー診断では、色だけでなく似合う素材を見極めるクリアーとスモーキーという肌の質感による分析もします。)

今回も、前回からまだ2ヶ月たっていないというのに退色してきたヘアカラーを旧正月前にすべり込みでアップデート。

 

IMG_6298

 

どうもスミマセン。
かわいいコと同じページに自分の写真載せるって勇気いりますって。
ちっちゃめでお許し下さい。

 

すこしオリーブがかった色にしていたのに、どんどん抜けてイエローに〜。
と言ってもアッシュ系のイエローとかゴールドではないですよ。
もともとのメラニンの色があるので、ワタシの場合はオレンジがかったイエローになります。

ヘアカラーのアンダートーンとも言われている、褐色から赤の「ユウメラミン」と、赤から黄色の「フェオメラミン」。
このどちらの色素を多く持っているかで、ヘアカラーの仕上がりが変わります。

 

と、以前の記事「【似合うヘアカラー】ヒントはパーソナルカラーにあり」でも書いた通り、オレンジっぽく退色していた髪を、黄色=ゴールド寄りにしてもらいました。

 

ヘアカラーを決める時のポイントは?大人ならきちんと伝えたい2つのポイント。

 

①まずは明度=明るさの度合いです。

よく「今日は明るめに・暗めに」とか言ってしまっていると思うのですが、明るさって基準がない限り、あくまで相対的なもの。
「明るめでお願いします」って言って、終わった後にアレ?っとなってしまうと悲しいですよね。

この日、私の髪の明るさはかなり明るい12くらいまでになっていました。
明るいままで良かったのだけど、今後の退色を考えて、すこーしだけ暗めに。
数字で言うと「10」くらいです。
*数が少なくなるほど暗くなります。

平均的な日本人の髪の明度は3-4くらい。
例えば銀行や日系のフライトアテンダントさんの髪の明るさは7−8くらいまで。
シンガポールみたいに日差しも明るいところでは、イエロートーンのお肌の方はもう少し明るくしてみてもいいかもしれませんね。

ブルートーンの方は、お肌の色と髪の色がズレてくるので、あまり明るくしないほうがいいと言われています。
髪の色が明るくなる=黄色くなるので、ちぐはぐ感がアップしてしまうのですね。

別に数字を使わなくてもいいですが、少なくとも今の髪の明るさがどのくらいで、どの程度暗くしたいのか、明るくしたいのか、サンプルを見ながら相談できるといいですよね。

顔周りさえクリアすればOKなので、毛先にかけて明るくなるグラデーションや、周りでよくみかけるブリーチ+がっつりカラー(でも毛先だけ)、なんかもおもしろいかも。

 

②そして色味そのもの=色相/カラーです。

カラーを決めるとき、サロンではざっくりと以下の色があるかと思います。

パープル・ピンク・レッド☆オレンジ・ゴールド/イエロー・オリーブ

一般的には左側がブルートーンの方に似合う色。しかも暗めでOK。
右側はイエロートーンの方に似合います。

パーソナルカラーをみても、お肌はブルーなのに瞳の色はイエローなど、パーツによってカラーが混在している方もいるので一概には言えませんが。
→そんな方はなりたいイメージによって「作っていく」方法もアリですよ。

基本のパーソナルカラーのベースを知っているだけでヘアカラーも間違わなくなります。

ちなみに。
オレンジからレッド系のカラーはあまり好みではないので、あくまでイエローからオリーブにいきたい私。
すぐに赤くなる肌とも相性がいいしね。

なのでこの日はなりたい色の「ゴールド」&退色してオレンジっぽくなったカラーを打ち消す、反対色の「パープル」のブレンドで。

明るめのカラーなので、周囲の光源を拾いやすいんですね。
窓から一番遠くて自然光から離れたお席でのライトの下、明るすぎやしないか・オレンジすぎやしないかとドキドキしました。笑

 

それでもヘアカラー選びに迷ったら?

 

もちろん信頼のおける美容師さんならお任せしちゃいましょう。
でもちょっとでも自分好みでオーダーしたいなら。

③すばり「瞳の色」を参考にして下さい。

黒目の部分ですね。
と言っても、黒じゃないんですが。

良かったら「ヘアカラーbefore&after: 参考にしたのは」にももう少し詳しく書いているのでのぞいてみて下さい。

私これまでいろいろな方の虹彩をまじまじと見てきてきましたが、「日本人=黒い瞳」にはなかなか出会いません!!!

基本は茶色で、黄色っぽかったり、赤みがあったり、グレーがかっていたり。
虹彩のフチもはっきりの方からふんわりの方まで。

なので、明るくしてみたいけど、色に迷うわーって場合には、虹彩の色に合わせると馴染みます。
窓際の自然光の下で、ガッツリ手鏡見てみて下さい。

上の私の写真も、ヘアカラーと瞳の色がばっちりです。
それだと少々明るいかな?と思っても自然に馴染みます。
良かったら次回のサロンでスタイリストさんに相談してみて下さいね。

この日担当してくれたのはCovoの新スタッフのナツミさん♪
なんと在星2週目でした!
フレッシュな日本の情報を持ちつつ、「地元はどちらですか?」と聞いてくれる美白の北海道美人♡
「地元」って響きがほっこりしましてん。ほら、普段は「ご出身は?」じゃないですか。

 

ゴールド系にパープルを重ねリッチな色に仕上げました。ベースのオレンジを抑えて、女性らしいやわらかな印象へ。By NatsumiHi, my name is Natsumi. I just joined the COVO…

Posted by Covo singapore on 2016年1月24日

 

Covo
http://www.covosg.com/

アウトラムパーク店:43 Keong Saik Road Singapore 089147
カトン店(NEW):87 East Coast road #01-01 Singapore 428789

 

↓最後までお読み頂きありがとうございました。
参考になれば幸いです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

 

Author Profile

Eri
シンガポールでLuxenity (ルクセニティ)という小さな会社をつくりました。

パーソナルカラーや骨格スタイル分析でファッションのアドバイスをしたり、心地よい空間づくりのお手伝いをしています。

「知的に品良く美しく。」思いどおりのライフスタイルサポートを、東南アジア・東京・福岡にて提供中。

「女性と子どもの未来を創る。」をモットーに、社会貢献にも力を入れながらいつも心にスペースを広げるべく活動中です。