2年前の今日、私はシンガポールにいました。

心の葛藤を抱えながらも5月に被災地入りした際、
北のほうではまだ残っていた八重桜を見ました。

寒くて灰色の空を見て、被災された方のことを想い、置いてきた子どものことを考え、
感情の波が落ち着くまでしばらく動けませんでした。

2年経ちました。
もうというべきか、まだというべきか。

でも確実にたくさんの善意は動いていて、人と人がつながっています。
お手伝いをしていたところでも、700名ほどの方が就業につながる力をつけられたそう。

私は、これからもできることをできる時に続けながら、
早く春がくるのを祈るばかりです。

そしてひとりの母親として、子どもたちの健やかな成長を願います。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

いつも心にスペースを。


Author Profile

Eri
シンガポールでLuxenity (ルクセニティ)という小さな会社をつくりました。

パーソナルカラーや骨格スタイル分析でファッションのアドバイスをしたり、心地よい空間づくりのお手伝いをしています。

「知的に品良く美しく。」思いどおりのライフスタイルサポートを、東南アジア・東京・福岡にて提供中。

「女性と子どもの未来を創る。」をモットーに、社会貢献にも力を入れながらいつも心にスペースを広げるべく活動中です。