ベッドルームに備え付けの我が家のクローゼット。
半分を私が、残りの半分を夫と娘が使っています。

娘のデイリー服の収納はココ。
もともと可動式の棚があったエリアを空っぽにして、日本から使っていたfitsの引き出し2つ設置。
(中はIKEAのSKUBBで仕切っています。)

これ以上引き出しを重ねると、私の身長ではもう中をのぞけません。
そこで上部はオープン収納に。
娘が生まれた時からまる3年、たった1本のDAISOの小さな突っ張り棒が大活躍です。

彼女が生まれる前から、ちいさなちいさな服をハンガーにかけて。

彼女の身長が伸びてワンピースが長くなるたびに、少しずつバーの位置を上へずらしてきました。
3歳になった彼女のサイズは90センチ。
服を取り出すときのハンガーの可動域を考えると、そろそろ上のスペースがなくなってきました。

もうこれ以上バーを上へずらせない!となったら。
その時は、彼女の部屋にクローゼットスペースを作りましょうか。
気づけばいつの間にかひとりで服も着替えられる彼女。
洗濯物を畳むのも少しずつ上手になっています。
もっと大きくなったら、彼女なりのクローゼットを作っていくのでしょうね。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
↑暮らしを心地よくするインテリア。イイネと思ったらポチで応援して下さい☆

いつも心にスペースを。

Author Profile

Eri
シンガポールでLuxenity (ルクセニティ)という小さな会社をつくりました。

パーソナルカラーや骨格スタイル分析でファッションのアドバイスをしたり、心地よい空間づくりのお手伝いをしています。

「知的に品良く美しく。」思いどおりのライフスタイルサポートを、東南アジア・東京・福岡にて提供中。

「女性と子どもの未来を創る。」をモットーに、社会貢献にも力を入れながらいつも心にスペースを広げるべく活動中です。