IMG_8706

 

日本に帰ると、いたるところにセンスのいいものがあって、ついつい目移りしてしまいます。

シンガポールの自宅でも、十分すぎるほど好きなものに囲まれていますが、素敵なものを見たらついついときめいてしまいます。

ファッションと同じで、おうち周りのものも器も、少しずつ好みが変わっていくものです。

なので、スペースがあるのなら、そしてそれが本当に心に響いたのならば、やっぱり買ってもいいんじゃないかと思います。

もちろん使ったり飾ったりすることを想定すること。

そして本当に本当に選んだものだけ持ち帰ること。

じゃないと、特に邪魔でも嫌いでもないけど、なんとなくそこにある、ってことになっちゃいます。
お引越し後4年を経過するとそんな傾向が多くなるのだそう。
同じところに丸7年住んでいる私にはミミガイタイ。。。

お部屋で過ごす時間でも、人生はつくられているのに、ね。

 

IMG_9608

 

うつわ。
大きなものは持ち帰れないので、小皿です。
もう10年くらい我が家にあるものもあれば、旅先から持ち帰ったものも。

和食ではお醤油差しや、ちょっとした前菜を盛るのに。
洋のメニューだったら、オリーブオイルをさしたり。

ここに、私の「未来志向」を刺激する、2種類の新入りがいます♡
早く使いたいな〜

 

↓最後までお読み頂きありがとうございました。
続きは次の記事で♡
ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村

Author Profile

Eri
シンガポールでLuxenity (ルクセニティ)という小さな会社をつくりました。

パーソナルカラーや骨格スタイル分析でファッションのアドバイスをしたり、心地よい空間づくりのお手伝いをしています。

「知的に品良く美しく。」思いどおりのライフスタイルサポートを、東南アジア・東京・福岡にて提供中。

「女性と子どもの未来を創る。」をモットーに、社会貢献にも力を入れながらいつも心にスペースを広げるべく活動中です。