旧正月を前に至る所で「色」があふれていますね。
富を象徴するゴールドや橙に、魔除けの意味もある赤。

赤い色の由来についてはコチラ→『旧正月(春節)はなぜ赤?』

シンガポール初のクローゼット&キッズスペースオーガナイザーのエリーです。
Organized Life Style Consultant、相変わらずいい日本語が思いつきません。

なかでも一番気になるのは、赤いドレスやランジェリーだったりしてw
もうすぐでシンガポール生活7年目がスタートしますが、いまだに手が伸びない・・・

 
 
 

 
 

赤といえば、2015年のパントンのカラー・オブ・ザ・イヤーの「マルサラ」が気になります。
あの甘いワインのマルサラからきたカラー。
12月にパントン社が発表してから、色々なところで写真や記事を見ます。

ワインやボルドーほど赤紫っぽくはなく、中明度・中彩度のニュアンスのある色。

パントン社によるとマルサラは

「温かくスタイリッシュな色」
「心と体と魂を豊かにする色」
「自信や強さをみなぎらせる色」

なのだそう。

気になるやーん、と年明けてすぐにSEPHORAに行きました。


残念ながら、シンガポールにはまだ入ってきていなくて、
マルサラのイメージに近い色のリップを買いました。
『2015年、最初に手に入れたもの』

アメリカのSEPHORAでオーダーして、
これまたシンガポールまでの発送はなかったので、
日本経由で到着!

実際につけるまでは、似合うかどうかドキドキするものです。
これで上がれ、私の女子力!

でもこの色は、どこかで「大丈夫」と思っていました。
そして今年の私のラッキーアイテムになりそうです。

チークも使いやすそうな色です。
こちらのチークも今後のカラー診断やスタイリングの時にお持ちしますね。

ちなみに「マルサラ」リップの到着より先に買ったMACのリップと比べると。
MACのリップのほうが少し深い色味でした。
でもどっちもスキ。

嗚呼、今日も私の「色のはなし」におつき合い下さり、
どうもありがとうございました。

ちなみに数日前に再度SEPHORAに行って、各種メーカーのビューティカウンセラーさん達に確認したところ、
シンガポールに「マルサラ」が入ってくるのは旧正月明けじゃないかとのことでした。

赤いリップはおおきくハズさなければ選びやすい色のひとつだと思います。
迷うわという方とはショッピングもご一緒します。
一緒に女子力あげていきましょう。

女性と子どもの未来を創る。

クローゼットの見直しやスタイリングで、女性にもっと自信と輝きを。
子ども部屋を整えて、子どもたちにより良い人生を。

 
「暮らしの仕組み作り」にフォーカスした思いどおりのライフスタイルサポートを、
シンガポール・東京・福岡にて提供中。

(仕事内容はこちら→)
 
↓最後までお読みいただきありがとうございました。どちらか!どちらも!ぽちっと応援お願いします。
 
いつも心にスペースを。

Author Profile

Eri
シンガポールでLuxenity (ルクセニティ)という小さな会社をつくりました。

パーソナルカラーや骨格スタイル分析でファッションのアドバイスをしたり、心地よい空間づくりのお手伝いをしています。

「知的に品良く美しく。」思いどおりのライフスタイルサポートを、東南アジア・東京・福岡にて提供中。

「女性と子どもの未来を創る。」をモットーに、社会貢献にも力を入れながらいつも心にスペースを広げるべく活動中です。