今日は2時間ほどフリマ体験!
シンガポール初のクローゼット&キッズスペースオーガナイザーのエリーです。

女性と子どもの未来を創る。

クローゼットの見直しやスタイリングで、女性にもっと自信と輝きを。
子ども部屋を整えて、子どもたちにより良い人生を。

住み込みや通いのヘルパーさんに頼る以前に整えたい「暮らしの仕組み作り」に
フォーカスした
お片づけレッスン&サービスを、シンガポール・東京・福岡にて提供中。
(仕事内容はこちら→)

年末から夫とちょこちょこと本の整理をしていたところ・・・
なんとコンドでフリマがあるらしい!

もともと処分するつもりで選んだものの、その数かるく100冊以上。
フリマの申し込みは過ぎていたけど、ダメモトできいたらまだブースがあったので。
急遽フリマで古本市〜。

夫の小説なんかが多かったけど、もうムスメが卒業した絵本なども。
私も読書は好きなんだけど、ここ数年ほぼ時間がとれてない。

どんだけ想いがあっても資源ゴミにしかならない本。
貰ってくれる人がいたらいつでも差し上げたいけれど、そんな努力もできていなくて。

そのまま資源ゴミ行きより、せめてだれかが楽しんでくれたら☆
シンガポールのコンドで、「日本語の本だけ売ります」ってどんだけニッチやねん
(しかもかなりの人数が一時帰国中)って感じですが、
無事に嫁ぎ先の決まった本も結構あってヨカッタヨカッタ。

2時間で早々に引き上げたけど、問題となるのが残った本の行き先。
日本人会へ寄付に持ち込むことも考えたけど・・・
時間もないし、正直コストもかかる。
我が家はメンバーではないので、日本人会へお邪魔するのは、あって年に数回。
そのためにまた大量の本を家に持ち帰って、保管して、タクシーに運んで・・・

もうね、いい人ぶるのはやめて、予定通り「処分」することにしました。



資源ゴミのpaperのゴミ箱にはさすがに入れるガッツはなく。
近くの壁に並べましたとさ。

それは作家さんに対する気持ちだったり、
単に支払った金額に対する後ろめたさだったり。

だってシンガポールで買う単行本の小説が15ドルくらいでしょ。
日本円だと1360円ね。
単純計算でそれカケル100冊以上って・・・(日本人会入ったほうがよくない?!)

でも本って娯楽として楽しんだり、知識として栄養になればペイするもの。

映画を観に行きました・おいしいものを食べました・アトラクションに使いましたって思えば、
なんとなーく後ろめたい気持ちもすっきり。

夫と私の娯楽となり、知識となり、明日への活力となってくれた本さんたち、
本当にどうもありがとう!
また新しい出会いがあるよう、応援してね☆


↓最後までお読みいただきありがとうございました。どちらか!どちらも!ぽちっと応援お願いします。

いつも心にスペースを。

Author Profile

Eri
シンガポールでLuxenity (ルクセニティ)という小さな会社をつくりました。

パーソナルカラーや骨格スタイル分析でファッションのアドバイスをしたり、心地よい空間づくりのお手伝いをしています。

「知的に品良く美しく。」思いどおりのライフスタイルサポートを、東南アジア・東京・福岡にて提供中。

「女性と子どもの未来を創る。」をモットーに、社会貢献にも力を入れながらいつも心にスペースを広げるべく活動中です。