お気に入りの服を選んだり
どっちがカラダにいいんだろうって悩んだり
ワケがわからなくなって、とりあえず来たものを選んだり。

選択にまみれた、ふつうの日々。

「私と仕事、どっちが大切なの?」
オトナなら、実際はなかなか口にしないであろうセリフ。

「妻と子どもが同時に溺れたら、子どもをまず助ける。妻は分かってくれる。」
信頼関係にもとづいたセリフ。

友達と過ごす楽しい時間と、自分のための時間。
おいしいものを食べに行く時間と、素朴な食べ物を手作りする時間。
同じ日に入ってしまった、魅力的な2つのお誘い。

選ぶのは、ぜーんぶ私。
選んだ以上、ウダウダ言わない、後悔しない。
悩んでもしょうがないことは、悩まない。

「やるべきこと」と「やりたいこと」。
でも、ここだけは時に直感に頼り、時にじっくり検討したい。

ほんとうの笑顔は、選択の積み重ねから生まれるのかも。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

↑なんだかおセンチな今日。どうやら満月が近い!?

いつも以上に、心にスペースを。


Author Profile

Eri
シンガポールでLuxenity (ルクセニティ)という小さな会社をつくりました。

パーソナルカラーや骨格スタイル分析でファッションのアドバイスをしたり、心地よい空間づくりのお手伝いをしています。

「知的に品良く美しく。」思いどおりのライフスタイルサポートを、東南アジア・東京・福岡にて提供中。

「女性と子どもの未来を創る。」をモットーに、社会貢献にも力を入れながらいつも心にスペースを広げるべく活動中です。