ちまたの美意識の高い女子の間ではやっている湯シャン。
ノープーともいうらしい。

要はシャンプーを使わず、お湯のみでじっくり洗い流すことで、
頭皮に適度な油分を残し、健康な髪を育てるというもの。

ノーメイク・ノー洗顔で過ごす女子も多いけど、私の周りにもきれいなお肌な人が多い。
湯シャンも良さそうな気が。

でも、シンガポールよ?
暑いよ?
やっぱりにほいが気になる。

でもウェブの世界だけじゃなくて、タモリさんとか福山さんとかやってるっていうじゃない。
それに何より、シンガポールの美女たちも何人もやってる。

もともとオーガニックのシャンプーを使ってたわけだし、
シャンプーの手間が省けるならラクチンじゃ?!
それで美髪が手に入るなら♡

というわけで、やってみました。
そしてすぐに脱落しました。
なんて意志の弱いワタシ・・・

丁寧にお湯で流すのはとっても良い気がするのだけど、
あのべたつきがどうしてもダメ。
確かに根元から髪が立っているけど、あの根元が絡まってる感が微妙。

自らのオイルが私のこのパサ毛を潤してくれるまで
いったいどのくらいの時間が必要なの?

ネットの世界では賛否両論よ?
でもリアルなお友達が(しかもみんな美しい)がやってるのよ。
マイクロスコープでビフォー・アフター見てみないと納得できないわ。

なーんて葛藤を繰り返し、韓国焼肉の後にがっつりシャンプーして脱落。

「私もやってるよ。近頃いい感じになってきたよ。」という言葉を聞けば再トライ。
そしてすぐに脱落。の繰り返し。

ついにはインドの「シカカイ」というハーブのシャンプーまで買ってみました。
(写真右。)
このハーブと呼ぶには大きそうな豆?の優しい洗浄パワーを期待して。

茶色のペーストをそっと濡らした髪につけると、確かにやさしい感じの泡がでてくる!
洗い上がりもそんなにきしまない。
これはイケるかもしれない♡
さすがインドのウィズドム。

でもね、大地のかほりがするの。

インドのスパイスと砂埃と、街をすれ違う人々のアクティブな香りと混ざると
きっといい感じ。ノスタルジー。

でも私が暮らすのはマレー半島の最南端の、都会のオアシス。チキンライス。
最近暑いから、かなりのクーラー生活よ?密室よ?

私にはやっぱり普通の、でもせめてものオーガニックシャンプーがいい。

ちなみに写真の左は、なにやらスースーするというヘアオイル。
これで頭皮をマッサージして、しばらく放置するらしい。
血行が良くなり、頭痛やストレスにもいいらしい。
お店にはアユールベーダのハーブらしいものがダイレクトにボトルの中に入っているものも。

インド人のお友達に勧められたんだけど、まだ使っていません。
だってオイルが驚きのお値段。
どんなオイルかなー、人件費を抑えたらこんなお安い製品ができるの?

とかいいつつ、いつか試してみることでしょう。
人生には刺激も大切♡

そして美髪を手に入れる旅はまだまだ続きそう。

ここのところ、必ずしも毎日シャンプーすることを自分に課していません。
やさしくやさしくシャワーでマッサージ。
気になったら即、シャンプー。
ヨガのレッスンの後は(まだ数回ですがどうにか続いています)、インドモードでシカカイ。

ちなみにシカカイシャンプー、今後も続けるならパウダーのものが良さそう。
ペーストになって保存がきく時点で、ヘルシーという本来の趣旨からずれそうだから。

お友達のみなさん、またいつか湯シャン生活にトライするかも。
私の頭髪に問題を察知したら、こっそりサインを送って下さい。
よろしくおねがいします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

↑最後までお読みいただきありがとうございました。ぽちっと応援お願いします。

いつも心にスペースを。

Author Profile

Eri
シンガポールでLuxenity (ルクセニティ)という小さな会社をつくりました。

パーソナルカラーや骨格スタイル分析でファッションのアドバイスをしたり、心地よい空間づくりのお手伝いをしています。

「知的に品良く美しく。」思いどおりのライフスタイルサポートを、東南アジア・東京・福岡にて提供中。

「女性と子どもの未来を創る。」をモットーに、社会貢献にも力を入れながらいつも心にスペースを広げるべく活動中です。