こんにちは。週末いかがお過ごしですか。

今日は「毎日の生活をラクにする3つの引き出しルール」について書いています。

みなさんのご自宅の収納は、引き出し多いですか、少ないですか?
ご自宅の引き出しをちょっと思い浮かべてみてください。
リビングのテレビボード、ダイニングの食器棚、書斎のデスクの引き出しに寝室のクローゼット。
このあたりでしょうか。

では、それぞれの引き出し、いまどんな状態でしょうか。

上からモノを放り投げる「ミルフィーユ」。

もしくは中のモノが自由に動ける「放牧」スタイル?(でもかなりギュウギュウ。)

便利なはずの引き出しと、うまくつき合っていらっしゃいますか?

辻褄あわせのこんなスペースは少しくらいあっていいと思いますが、
もしこんな状態の引き出しが多いければ、気づかないうちに、毎日ストレスが溜まっているかも。

「この引き出しに入れたと思うんだけど・・・」ガサゴソ・ガチャガチャ。
「あ、あった!(引き出しを閉める)むむっ、なんか引っかかって閉まらない。」
なーんて。

そんなあなたに朗報です。
まず次の3つのことを意識してみてください。

①適材適所
深さ・奥行き・設置場所。今のお住まいでベストな選択を。

②俯瞰
特に深い引き出しほどタテに収納してみてください。上から見たときに全体を見渡せるように。

③定住化
住所を決めたら、必ず帰宅させてください。ハコには少ないメンバーを住まわせるほうが管理しやすいです。

ミルフィーユスタイルの引き出し(前回の記事の続きの洗面所オーガナイズです)、
afterはこんな感じになりました。


腰よりも低い位置の引き出しなので、ある程度グルーピングして、立てて収納

上の段は色々なところに散らばっていたメイク道具を集めました。
上段と下段の引き出しの深さ X アクセスのしやすさを考慮しました。
毎朝、この引き出しを開けたままメイクをして、終わったら閉めるだけ。
出したり戻したり、の作業すらありません。

下の段はトラベルグッズとサンプル。
こだわりがあったサンプルたち、箱で区切ることにしました。
決めたルールは「投げ入れOK。ただしココからはみ出さない量のみ。

ふだんお使いの引き出し、もし上のほうに空間があったら。
ミルフィーユ収納で、いつも上のほうのモノしか使っていなかったら。
たまに閉まらなくなったりしていたら。

3つのことを思い出してみてくださいね。

***

おまけ。

洗面台の鏡裏の収納、①夫用、②妻用、③来客用&ストックで分けました。
それぞれ自分のモノだけメンテすればいいので、責任感もupです☆


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

↑ちょっと引き出しでも片づけるか!というお気持ちになったら。ぽちっと応援お願いします。

いつも心にスペースを。
引き続き良い週末をお過ごし下さい。

Author Profile

Eri
シンガポールでLuxenity (ルクセニティ)という小さな会社をつくりました。

パーソナルカラーや骨格スタイル分析でファッションのアドバイスをしたり、心地よい空間づくりのお手伝いをしています。

「知的に品良く美しく。」思いどおりのライフスタイルサポートを、東南アジア・東京・福岡にて提供中。

「女性と子どもの未来を創る。」をモットーに、社会貢献にも力を入れながらいつも心にスペースを広げるべく活動中です。