なかなか終わりそうにないホーチミンへの母娘たび。
他の記事も書きたい。
マイペースですが、よろしければおつき合い下さい。

シンガポール生まれのムスメ、もうすぐ5才。
日本の夏すら経験したことがありません。
そんな彼女に、ホーチミンの、東南アジアならフツーの暑さが襲いかかりました。

朝のリキシャのおじちゃんとの散歩で一悶着あって疲れてたと思うけど。
(こちらは別記事にしまーすw)

マムトムをメインに挑戦しに行った食堂で、一言。

「暑いーーー。窓閉めて!」

いや、こちら路面に面してるシャッターがオープンな店だけど?
あのシャッター閉めてもそもそもクーラーなんてないよ?
むしろもっと暑くなーるーよー!

ブログで見つけたお店は、清潔。

この茹でた豚肉とか、舌でとろける豚肉?の厚揚げみたいなのとか、もう最高♡
ビールがすすむ。

日本人にはあまり好まれない、と書いてあったマムトム。
3人(元上司夫妻+私)には、とってもおいしいんですけど♡
もともとアミノ酸が云々と書いてあって、すでによだれもの。
予想通りかなり塩辛いけど、もう箸がとまりません。

ムスメは普通にお醤油のタレで、何事もなかったように麺やら厚揚げを楽しんでいました。

ディナーで合流したのはココ。
前回も行きたかったけど行けなかったカニの有名な、やはりまた「食堂」。
レストランと書くには気が引ける。

オープンエアな感じに、一気にご機嫌ナナメなムスメ。
私、育て方間違ってるわ、と改めて。。。

でもね、お子ちゃまはまだ単純よ。
たくさんのカニをみたりして、なんだか楽しくなった様子。



好物の「揚げ物」が出てきた時点でもうばっちり笑顔。
大人たちは、大量のカニの身とモチモチの麺がお気に入り。

暑さとカルチャーショックにへこたれがちのムスメ。
飴と鞭ばりに、2日目のこの日はエアコンつきの「カフェ」に連れて行きました。
カニの夕食の後にはチェーも食べに行ったし♡

なんとか旅ログ続けます!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

↑最後までお読みいただきありがとうございました。へこたれがちな私にぽちっと応援お願いします。

いつも心にスペースを。

Author Profile

Eri
シンガポールでLuxenity (ルクセニティ)という小さな会社をつくりました。

パーソナルカラーや骨格スタイル分析でファッションのアドバイスをしたり、心地よい空間づくりのお手伝いをしています。

「知的に品良く美しく。」思いどおりのライフスタイルサポートを、東南アジア・東京・福岡にて提供中。

「女性と子どもの未来を創る。」をモットーに、社会貢献にも力を入れながらいつも心にスペースを広げるべく活動中です。