小学校からしかできないと思っていましたが。
できました!幼稚園への「体験入園」。

2ヶ月もあるインターナショナルスクールの夏休み。
正直そのままシンガポールにいたほうが私にはいいのだけど。
せっかくの機会なのでムスメに日本を体験してほしくて、
実家近くの園に電話をかける日々。

そしたらありました!

給食があって、バス通園できて、できれば水遊びも英語もある園が♡
週に2日はお弁当だし、終業式の後のお預かり保育では毎日お弁当だけど。

毎年受け入れをしているらしく、なんと制服や鞄までも貸して頂きました!
深夜便で帰国したその日に手続きに行き、無事7月1日から登園開始。

でも何が問題だったかって、当の本人が行くのをしぶっていたこと。
シンガポールにいる時から「にほんのようちえんにいきたくないー」と
泣いていやがっていました。
きっと今のスクールのお友達と離れると思っていたんでしょうね。

でも夏休みが近づき、ひとり、またひとりと自国へホリデーに出かけるお友達を見て、
自分も日本に帰るってことが分かったみたいです。

で、かーさん頑張りました。

アナ雪グッズを買い求め。
初日からのお弁当の日の準備にのりカッターなどをそろえ。
なんでこんなに沢山グッズがあるんだーと心の中で叫びながら名前つけをし。
(ランチョンマット・歯磨きセット・ハーモニカのパイプ入れ等の巾着とかハンカチとか新鮮!)
しかも、可能なネームシールは全部(ムスメのブームの)青。
上履きだって青を選んだもんね。

手続きの日と、登園前日にお道具箱を持って行く際にムスメを連行し、
おもいきり園庭で遊ばせましたー。

そして当日は朝からニコニコと楽しみにしている様子の彼女。
朝からバスに乗り、帰りもバスで帰って来ると宣言し、
余裕の?笑顔で手を振ってバスに揺られて行きました。

一日の内容が濃かったらしく、何をやったか思い出すのに苦労していましたが、
とりあえず初日は楽しかったようで良かったです。

何も心配していなかったので、園にも連絡もせずにいたのですが、
夕方担任の先生からわざわざお電話を頂きました。
さすが日本!

さー、このまま1ヶ月間、楽しい思い出を作ってほしいものです♡

それにしても、シンガポールから持って来たこの水筒、どうしてくれよう。
バービーの笑顔に心が痛むわ。

***

7月8日のクローゼット・ファッション・スタイリングのイベントin福岡、
まだお席があります!
詳細はコチラから→

***

↓バービーloveって方も、私はやっぱりアナ雪よって方もクリック・プリーズ!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

いつも心にスペースを。

Author Profile

Eri
シンガポールでLuxenity (ルクセニティ)という小さな会社をつくりました。

パーソナルカラーや骨格スタイル分析でファッションのアドバイスをしたり、心地よい空間づくりのお手伝いをしています。

「知的に品良く美しく。」思いどおりのライフスタイルサポートを、東南アジア・東京・福岡にて提供中。

「女性と子どもの未来を創る。」をモットーに、社会貢献にも力を入れながらいつも心にスペースを広げるべく活動中です。