シンガポール初のクローゼット&キッズスペースオーガナイザーのエリーです。

女性と子どもの未来を創る。

クローゼットの見直しやスタイリングで、女性にもっと自信と輝きを。
子ども部屋を整えて、子どもたちにより良い人生を。
 
住み込みや通いのヘルパーさんに頼る以前に整えたい「暮らしの仕組み作り」に
フォーカスした
お片づけレッスン&サービスを、シンガポール・東京・福岡にて提供中。
(仕事内容はこちら→)

シンガポールで迎える6回目のお正月はシンガポールで。
前日に夜更かししているので、元旦の朝はのんびりと。

前日の片づけを終えて、とりあえずお雑煮くらいなら作りますかと出汁をとり、
お餅を焼いて。
海老があったので、味付けして。

ずっと頑張ってきたお節作りも、夫も娘もなかなか好んで食べるものがないので、
作るのをお休みしています。
去年は日本、一昨年はたしかシンガポールで。
夫の希望により鰻。笑元旦の朝だけど、お刺身でもあったらいいなと、全く期待もせずに行ったISETANで
たくさんのお節の品に驚きました。
結局買ったのはお刺身と数の子、それに紫蘇。
ほかにもいろいろあって、シンガポール生活も本当に便利になったーと改めて驚きました。大切に使っている6角のお重につめたら、
もうこれでいいやーん。

併せたお酒は、地元福岡の萬代。
これだけは事前に準備していたワタシ。うふ。

「明けましておめでとうございます。」とムスメにはご挨拶を叩き込む。
去年は親戚ともたくさん会ったから、自ら使っていたんですけどね。

翌日2日は、今年も(やはり)夫の希望で鰻。

気持ちだけでもお節っぽく?
ちょこちょこと、色んなガラスの器に盛ってみました。赤いディナープレートは、以前ラッフルズホテルで使われていたもの。
前回のひし形の器に続き、偶然手に入れることができました。まさにお正月にぴったり!な柄ですが、ホテルではどんな風に使われていたんだろうなー。
今後、もう少し普段使いにどう使いこなせるかが課題です。しっかしねー。
やっぱりなんだかさみしいわ、お節を作らないって。
作り置きができないし、家族もいらないっていうけれど。
もう少しムスメの食べられるものが増えてきたら、再開したいな。

2010年のお節、産後半年くらいにも関わらず結構作ってたなー。
その前の年は妊婦で肉も魚もあまり食べたくなかったから、マクロビ風のお節だったらしい。
写真がなくなってますね。

来年のお正月はどうなることやら。
ライフオーガナイザー、その時に大切にするモノ・コトをいつも考えているので、
もちろんプレッシャーなんてナシ!
手抜きだなんて言わないでねん。

☆過去のお節の備忘録☆

今年も宜しくお願いします☆今年のお節は・・・ (2012年)
唯一の・・・(2011年)
2010年お正月
おせち2009☆酢の物を中心に、マクロビっぽく

 

 
↓最後までお読みいただきありがとうございました。どちらか!どちらも!ぽちっと応援お願いします。
 
いつも心にスペースを。

Author Profile

Eri
シンガポールでLuxenity (ルクセニティ)という小さな会社をつくりました。

パーソナルカラーや骨格スタイル分析でファッションのアドバイスをしたり、心地よい空間づくりのお手伝いをしています。

「知的に品良く美しく。」思いどおりのライフスタイルサポートを、東南アジア・東京・福岡にて提供中。

「女性と子どもの未来を創る。」をモットーに、社会貢献にも力を入れながらいつも心にスペースを広げるべく活動中です。