おはようございます。
今日は苦手な人には少し耳の痛い話を。笑

昨日も夕方のプレイデートからママたちのゴハンへと移行して、
その中で話していたのですが。

自分の心の余裕レベルに比例して、洗濯した後の洋服の山の高さが決まる。

わー( ̄∇ ̄)
私のことですかい?

正確に言うと、私は洗濯物を畳むところまでは頑張れます。
ですが、それをしまう作業が・・・
面倒くさいのです。

なのでオーガナイズでは自分のクセを知って、
収める・探すどちらに焦点を合わせるか決めます。
効き脳で変わってきたりしますし、動線を確認したりします。
そこからの仕組みづくり。

バスケットから引き出しに移す作業。
私はここがボトルネックな理由もわかっているつもりです。

スライド式の大きなクローゼットの扉の両側に、たくさん引き出しがあって、
それをひとつひとつ開けてしまうのが面倒なのです。

ですので、しまうことを考えて、それぞれの引き出し別にバスケットに入れます。
そうでもしないと、左あけて右開けて、上の引き出し開けたら次は下!みたいな
バレーボールの動体視力検査ばりのアクションが必要になります。

たたむのが面倒、な友人は、こどもの寝かしつけの時に同じ部屋でたたむのだそう。
これもいいアイデア!
これは時間のオーガナイズですね☆

そうそう、そもそも私はたたむ作業もできれば省きたい人なので、
できる限りハンガーで収納しています。
しかも干すところから一貫して使えるプラスチックのものを使ってます。

毎日のことだけに、苦じゃない方がうらやましい。
苦手だなーって方は、一度一連の動作でどこが問題なのか見直してみて下さいね。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

↑洗濯ものなんかにまけないわよ!応援ぽち、お願いします☆

いつも心にスペースを。

Author Profile

Eri
シンガポールでLuxenity (ルクセニティ)という小さな会社をつくりました。

パーソナルカラーや骨格スタイル分析でファッションのアドバイスをしたり、心地よい空間づくりのお手伝いをしています。

「知的に品良く美しく。」思いどおりのライフスタイルサポートを、東南アジア・東京・福岡にて提供中。

「女性と子どもの未来を創る。」をモットーに、社会貢献にも力を入れながらいつも心にスペースを広げるべく活動中です。