現在禁酒中のワタクシ。

授乳間隔も落ち着いてきたし、なにより妊娠中より授乳中のほうがアルコールに対する
自由度が高いって事を知っているだけに、正直、つらいっ!!!

が、これも愛する姫のため。
もう少しガマンしようかと思います。

でも告白すると、先日ノンアルコールビールに手を出してしましました。あは。
しかも、来月の自分の誕生日に解禁しようかと計画中です。

いやね、こんな風に書くと、私が相当飲む人のように思えるけど、そんなには飲めないんです。
ただ、味とか香りとか、その雰囲気を楽しみたいだけ。
美味しいイタリアンには赤のワインが欲しくなるし、美味しいランチには冷えた白ワインが欲しい。
あっつ~いシンガポールでは、軽い飲み口のタイガービールも欲しくなる。

仮に解禁しても、姫への授乳を考えて、確実に寝てくれる「夜、自宅で」にチャンスは限られそうだけど。

妊娠する前は、果実酒とかコーヒーのお酒とかを時々作ってました。
フルーティなフレーバーが好きというより、その過程を見るのが楽しくて。

先日スーパーで見かけたスモモを砂糖に漬けて、スモモジュースを作ってみました。
アルコール抜きのところがポイントね。

ほんとは先日のお茶会でサーブしようと思ったんだけど、スモモちゃん達が結構しっかりしていて
間に合いませんでした。

なので、もっぱら夫と二人で楽しんでいます。
(彼は全然飲めないお方なので。)

ちょっと渋めの味にしたかったから、お砂糖が溶けてスモモの水分がでても、しばらくそのまま。
するとちょっとだけ発酵してきて、独特のすっぱいような匂いに。

かなり甘いから、炭酸水で割って飲むと美味しい。
キレイな色に乙女ゴコロはノックアウトです。

☆スモモジュース作り方☆

煮沸した保存ビンに、同量のスモモと氷砂糖を入れるだけ。
スモモに穴を開けたり、しょっちゅう振ると出来上がりが早い。
もしくは一度スモモを冷凍して組織を破壊するのも○。

ちなみに、シンガポールのローカルスーパーでも氷砂糖は買えます。
日本のものとは粒の大きさが違うけど。

スモモをカットして作るのは、この気温下ではためらわれました・・・。
ジュースが出てきて、全体が浸かるようになれば大丈夫かも。

Author Profile

Eri
シンガポールでLuxenity (ルクセニティ)という小さな会社をつくりました。

パーソナルカラーや骨格スタイル分析でファッションのアドバイスをしたり、心地よい空間づくりのお手伝いをしています。

「知的に品良く美しく。」思いどおりのライフスタイルサポートを、東南アジア・東京・福岡にて提供中。

「女性と子どもの未来を創る。」をモットーに、社会貢献にも力を入れながらいつも心にスペースを広げるべく活動中です。