すこしまえのことになりますが、お友達と屋台ドリアンデビューしてきました。

ドリアン結構好きで、ちょこちょこ食べているのですが、屋台で食べる機会には恵まれず・・・。

大量のドリアンが積まれたあたり一帯は、ドリアンのにほい香りが漂っていて、とっても魅力的。

ゴハンをまず食べてからあたりをうろうろー。

地元で有名だというBeef Kway Teowのお店、おいしかったです。
暑かったけどビールはがまんしておきました。

(ドリアンとお酒の食べ合わせは良くないと東南アジアではよくいわれています。)

フレンンドリーなおじさんのところで、ドリアンを割ってもらいました。
小ぶりなものをお願いしたけど、ふたりで1.5キロ。
ドリアンは種のまわりのクリーム状の果肉を食べますが、可食部分はそんなにありません。

でもやっぱりとってもボリューミー。
しっかり完食しましたけど♡

今まで食べたドリアンの中で一番おいしかったです。
コツはお高いものを選ぶことでしょうか。笑。その場で割ってもらえるのでフレッシュですし。

ちなみにこの日うろついたのは、かのGeylang。
シンガポール政府公認の置屋さんがつらなる歓楽街です。

こちらのことをブログに書くのはどうかと思うので、私とお友達の胸にとどめておきます。笑
若い時にバンコクでディープな見聞をしましたが(あ、若かったからか)、
シンガポールはとっても「クリーン」な印象でしたよ☆

その筋のおねさんご用達のお店でかわいいスカートを買ったりして、楽しいシンガポールナイトでした☆

Author Profile

Eri
シンガポールでLuxenity (ルクセニティ)という小さな会社をつくりました。

パーソナルカラーや骨格スタイル分析でファッションのアドバイスをしたり、心地よい空間づくりのお手伝いをしています。

「知的に品良く美しく。」思いどおりのライフスタイルサポートを、東南アジア・東京・福岡にて提供中。

「女性と子どもの未来を創る。」をモットーに、社会貢献にも力を入れながらいつも心にスペースを広げるべく活動中です。