先日
少し書いた子供部屋の様子。

すこーしずつですが、だんだんお部屋らしくなってきました。

まずベビーベッドを移動!
今では一人で夜寝ています。

→詳しくはまた後日書きますー。

それから夫が使っていたデスクはマスターベッドルームへ移動。

やっぱり大きすぎるのと、シックなブラウンが子供部屋には合わなくて。

ミシン2台並べておけるし、安定感もあって気に入っていたのですが、小さな白い机を買い足しました。

姫が寝てるいる時は作業できないけど、日中お部屋で一緒に遊びながら作業ができるといいかなーと思ってやっぱりミシンは彼女の部屋に置くことにしました。

私の性格からして、一度始めてしまうと夜を徹して作業してしまったりとキリがないので、ちょうどいいです。

シンガポールに多いペイウィンドウ(日本だと天井部にある梁の部分、こちらではベンチ/出窓のように床部にあります)。

ベンチにするには若干高いのと、収納場所が欲しかったので(お部屋のクローゼットには日本から全て持っていたコートとハンドメイドの材料が入っています)、白い棚を置きました。

今後はファブリック系を充実させて、壁をデコる予定です。
一つの壁をペイントするかウォールペーパーにするか悩み中。

それからやっぱり新しいライトもほしい☆

イメージもだいぶ固まってきたので、そのイメージのカラーに合わせて、ベビーベッドのガードのカバーを作りました。

きれいな色のリネンを見つけて、嬉しかったー♪

多分使われることはないかもしれないけれど、今後ドゥベカバーも同色で作る予定。

子供部屋、早く完成させたいけど、こうやって少しずつ作業している時間も楽しいものです。

Author Profile

Eri
シンガポールでLuxenity (ルクセニティ)という小さな会社をつくりました。

パーソナルカラーや骨格スタイル分析でファッションのアドバイスをしたり、心地よい空間づくりのお手伝いをしています。

「知的に品良く美しく。」思いどおりのライフスタイルサポートを、東南アジア・東京・福岡にて提供中。

「女性と子どもの未来を創る。」をモットーに、社会貢献にも力を入れながらいつも心にスペースを広げるべく活動中です。