あいかわらずムスメの部屋で、インテリアを楽しんでいます。
ミントグリーンに塗った壁に、こんなのを飾ってみました。

以前お友達のおうちで見てかわいいな〜と温めていたもの。

すでにかなりメルヘンな子ども部屋なので、これ以上どうよ?と思ったりもするのですが、
感受性の強いこの時期に思いっきり浸らせてあげようと。
彼女のスクールの教室も、かなりビジュアルな刺激が多いしね。

もともと私がピンクなんて苦手。
でもムスメの部屋のミントグリーンのテーマカラーにあわせて
アクセントとして使ったピンク。

だんだんこっちが増えてきています・・・。
ま、彼女の大好きな色でもあるのでね。

決してピンク部屋にするのではなく、今後シュミのいい大人に育ってほしい。
ある意味情操教育?笑

ピンクと言えば、かーさんムスメの着る服としてのピンクには厳しいです。
子どもだから何色でも似合うけど、このピンクはいいけどこっちはイマイチって、
はっきり言っちゃってますw
ついでに言うと、服に合わせて靴の色を選ばせます。
ってサンダルも含めて3足しかないけど。
カチューシャやヘアゴムの色も選ばせます。
自分になりに考えて、ちゃんと説明するので、聞いていておもしろい☆

話はそれましたが、もうひとつムスメの部屋に増やしたもの↑
i wanna go homeで一目惚れ♡

今日家具屋さんで見たガラス扉の棚もかわいかったしなぁ。
IKEAのキッチン卒業する頃に買うかなー。←かーさんがほしい。

私よりも女子力高そうなムスメ。
ピンクとかキラキラとか花とか。

私の味も素っ気もない、透明なシリコンのiPhoneカバーを変えろと言われてます。

***

春休み!『ママと子どものハッピーな部屋作り』第2弾は、4月7日(月)10AM-。

FBやメールでお申し込みを頂いています。
まだお席はありますので、お子さんとご一緒にどうぞ☆
それぞれのお子さんに合ったお片づけ方法を一緒に考えましょう〜。

詳細はコチラから。→☆

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

↑最後までお読みいただきありがとうございました。ぽちっと応援お願いします。

いつも心にスペースを。

Author Profile

Eri
シンガポールでLuxenity (ルクセニティ)という小さな会社をつくりました。

パーソナルカラーや骨格スタイル分析でファッションのアドバイスをしたり、心地よい空間づくりのお手伝いをしています。

「知的に品良く美しく。」思いどおりのライフスタイルサポートを、東南アジア・東京・福岡にて提供中。

「女性と子どもの未来を創る。」をモットーに、社会貢献にも力を入れながらいつも心にスペースを広げるべく活動中です。