時々やってくる小説期。
軽いものなら一日に2冊とか、おもしろければ徹夜しても読むくらい、いきなりスイッチが入る時があります。

最近また本を読むようになった私への抵抗か、よく姫(1歳5ヶ月)に取り上げられてしまいます。

パラパラとページをめくって楽しんでるようなのでそのまま遊ばせていたら・・・

すっごく大きな声で「ぞうーーーーーーっ」と。

え?
なぜ?
幻覚ですか?

嬉しそうに見せてくれたその中表紙にそれはありました。

マンモス。

幻冬舎って設立からまだ10年も経っていない出版社。
従業員は81人だそうです(平成22年3月31日時)。
会社のロゴが「槍を高くかざした原始人」だそうで、それに関連してマンモスのモチーフを使ったのでしょうね。

1センチにも満たないマンモスを発見した姫のおかげで、なんだか私も嬉しい発見をしちゃいました☆
普段全然気にも留めてなかったー。

気合いを入れて出版業界に乗り込んでいらした幻冬舎さん、これからも良い本出してくださいねー

Author Profile

Eri
シンガポールでLuxenity (ルクセニティ)という小さな会社をつくりました。

パーソナルカラーや骨格スタイル分析でファッションのアドバイスをしたり、心地よい空間づくりのお手伝いをしています。

「知的に品良く美しく。」思いどおりのライフスタイルサポートを、東南アジア・東京・福岡にて提供中。

「女性と子どもの未来を創る。」をモットーに、社会貢献にも力を入れながらいつも心にスペースを広げるべく活動中です。