ホリデーシーズンに日本から遊びに来たお友達家族とのzoo。

きりんにもゾウにもえさをあげられて、2歳のお兄ちゃんも喜んでた

朝待ち合わせ時間を決めて、それからでも気軽に行けて楽しめるzoo、すばらしい。

 

(先日オトモダチと行ったバードパークもやっぱり当日の朝に「行こうか」って決めたし。)

しかもあの動物達との距離感。

 

小さくても子供たちなりに何かを感じれるんじゃないかしら。

お勉強が大変だと言われるシンガポールの子供たち。

 

生活の質ではそれでも恵まれていると思うなー☆

Author Profile

Eri
シンガポールでLuxenity (ルクセニティ)という小さな会社をつくりました。

パーソナルカラーや骨格スタイル分析でファッションのアドバイスをしたり、心地よい空間づくりのお手伝いをしています。

「知的に品良く美しく。」思いどおりのライフスタイルサポートを、東南アジア・東京・福岡にて提供中。

「女性と子どもの未来を創る。」をモットーに、社会貢献にも力を入れながらいつも心にスペースを広げるべく活動中です。