大切なものにはひと手間かけて。

黒の大鉢は幼馴染のお父さんが、私たちが結婚する時にプレゼントしてくれたもの。
あと半年ほどで、10年一緒に過ごしたお皿になります。

青のアンティークのお皿は、アメリカ駐在時代に買った思い出のお皿。

どちらも大切なものなので、レースの紙を1枚はさんで収納しています。
ほんとうはプチプチとかクッション性のあるもののほうがいいのかもしれませんが。
私にとっては収納する時の、見た目も大切。

重ねると和っぽいので、半紙とかをはさんでも雰囲気でそうです。

でもやっぱり丸いお皿にはレースペーパーが使えるのですー。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
↑ランキングに参加しています。ぽちっと応援お願いします。

いつも心にスペースを。
今から出かけてきまーす☆

Author Profile

Eri
シンガポールでLuxenity (ルクセニティ)という小さな会社をつくりました。

パーソナルカラーや骨格スタイル分析でファッションのアドバイスをしたり、心地よい空間づくりのお手伝いをしています。

「知的に品良く美しく。」思いどおりのライフスタイルサポートを、東南アジア・東京・福岡にて提供中。

「女性と子どもの未来を創る。」をモットーに、社会貢献にも力を入れながらいつも心にスペースを広げるべく活動中です。