おはようございます。
今朝は出勤前の夫とスタバでコーヒーデート。

たった15分ほどですが、最近彼が夜忙しいので。
デートなんて言ってみましたが、こっちは主婦なので朝は非常に忙しい。
ちょっとした家事に身支度、今日の予定の準備に、できれば晩御飯の準備だってしたい。

と、バタバタしている私が夫に「朝食のお皿片づけるの手伝ってくれたら、コーヒーの時間が増えるのにー」と
ぼやいたところ(普段は手伝ってくれる)、あっさり一言。

後でやればいいやん。

あ、確かに。
夫は仕事に行くので、当然一緒にコーヒーを飲む時間は限られてるわけです。

今朝のコーヒーの前に、私に大切だったことは、とにかく早く準備して、夫との待ち合わせ場所に向かうこと。

これって、子どもに言う「ちょっと待ってね。」とちょっと似ているなぁ。

例えば洗い物をしている時に呼ばれる(呼びつけられる?笑)。
何をやってるのかはちょくちょくのぞいているので、「アレの助けが必要なんだな」と想像できます。
確認の意味でチラッとのぞいて、待たせても大丈夫そうな時は、ちょっと待ってねと言います。

ちなみに意識しているのは、「いつだったらリクエストに応えられるか」もセットで応答すること。
洗い物中なら、これが終わってからね。
炒め物中なら、このにんじんまで炒めたらね。

ただ、こっちが戦闘態勢でキッチンにいる時でも、彼女のほうから出向いてくることがあります。

「ママ、だっこー」

はい、これは一気に私のトッププライオリティーになりますね。
何をやっていても、にんじんが焦げようと、5分前に彼女をしかってプンプンしていても。
当然ぎゅっとハグします。ついでに「愛してるよ。大好きよ。」とちゅちゅちゅーと。

こどもがいる=ママなわけですが、私自身いろいろダメ女。
なので、まだまだ気持ちの切り替えの修行中です。

何が大切か、見極めるのは私。
何が大切か、決めるのも私。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
↑まだまだ成長途中の私へぽちっと応援お願いします。

いつも心にスペースを。

Author Profile

Eri
シンガポールでLuxenity (ルクセニティ)という小さな会社をつくりました。

パーソナルカラーや骨格スタイル分析でファッションのアドバイスをしたり、心地よい空間づくりのお手伝いをしています。

「知的に品良く美しく。」思いどおりのライフスタイルサポートを、東南アジア・東京・福岡にて提供中。

「女性と子どもの未来を創る。」をモットーに、社会貢献にも力を入れながらいつも心にスペースを広げるべく活動中です。