遠くに行ってしまう友達と最後のお別れ。

シンガポールに来て、今までにないペースでお友達ができました。
普段は仲のいい友達が何人かいたら幸せ、
なんて思う私ですが。

やっぱり声をかけてもらえると嬉しいし、
同じように私もそうしたい。

そうするうちに、たくさんお友達が増えました。

そしてお別れの季節に思うのは。
私は彼女に何か渡せたかな、ということ。

一緒に楽しい時間を共有するだけでも十分だけど。
大人になって出会う貴重な友達。
残ってなくてもいいから、必要な時に何かを渡していたい。

一時帰国の時には、もしくはいつか日本に帰る時には。
電車に揺られても会いに行く。
そんな関係を続けられたら。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

↑シンガポールには素敵なコトがたくさん!応援ぽち、お願いします☆

いつも心にスペースを。


Author Profile

Eri
シンガポールでLuxenity (ルクセニティ)という小さな会社をつくりました。

パーソナルカラーや骨格スタイル分析でファッションのアドバイスをしたり、心地よい空間づくりのお手伝いをしています。

「知的に品良く美しく。」思いどおりのライフスタイルサポートを、東南アジア・東京・福岡にて提供中。

「女性と子どもの未来を創る。」をモットーに、社会貢献にも力を入れながらいつも心にスペースを広げるべく活動中です。