2回目のバゲット作りは、お友達から頂いた大切なホシノ酵母で。

レシピはホシノのページのレシピ
を参考に、粉は今回も(強力粉と薄力粉を半々で合わせたもの)で。
レシピの半量で作って、出来上がったのは手のひらサイズのパンが2つ。
形はバゲットとは言えませんね・・・。

ホシノのレシピにはフランスパン専用の粉、とありましたが当然そんなものはないので、
シンガポールで手に入る粉で勝負です。

が、レシピ通りの水量では全く足りず、何度も何度も氷を溶かしながら足して(手の温度が気になって)、
なんとか生地を練った・・・という感じです。
全然なめらかではなく、このまま発酵させて大丈夫?と思いましたが、
すでに生地温が30度をちょっと上回っていたので決行。
生酵母の場合は28度が目標ですよね!?

発酵にかけた時間は7時間半。
良い具合に発酵していてほっと一安心。

相変わらずクープが下手ですが、無事焼きあがりました!!!
2本焼いたので、焼き時間を25分と30分に。

カットする前に叩いたところ、長く焼いたほうがやっぱりかわいた音。
断面図では周りのカリカリが若干厚めなのが分かりますか?
味は同じ・・・かな!?
ちなみに前日に焼いたイースト少なめレシピのバゲットと味比べをしましたが、若干の違いしか鈍感な私にはわからず。

次回は水分を始めから多めにして、焼き時間も更に増やしてみようと思います。
クープナイフも持っていないので、せめて新しいカミソリでも買うことにしましょう。

===============================
メモ:(粉250g分)
水分レシピ量+30cc!?

1時発酵―7.5時間
パンチダウン後ベンチタイム―30分
成形後最終発酵―1時間
焼成:25分と30分
===============================

ランチに早速ひとり試食会。
うーんやっぱりおいしかったです。

焼いたお肉が残っていたので、たっぷりの粒マスタードとともに。
ワインが飲みたくなって、1杯だけ飲んでしまいました☆

にほんブログ村

↑ランキングに参加しています。
ぽちっと応援どうぞよろしくお願いします。

いつも心にスペースを。
小雨がパラついて娘のお迎え待機中。でもそろそろ行かねば!

Author Profile

Eri
シンガポールでLuxenity (ルクセニティ)という小さな会社をつくりました。

パーソナルカラーや骨格スタイル分析でファッションのアドバイスをしたり、心地よい空間づくりのお手伝いをしています。

「知的に品良く美しく。」思いどおりのライフスタイルサポートを、東南アジア・東京・福岡にて提供中。

「女性と子どもの未来を創る。」をモットーに、社会貢献にも力を入れながらいつも心にスペースを広げるべく活動中です。