昨日から晴天続きの福岡からおはようございます。
大阪に続き北九州からもプライベートレッスンへのお問い合わせを頂き、
身の引き締まる思いのエリーです。

昨日、あらためて働くママのすごさを感じたのでシェアさせてください。

夕方まで勉強会に参加していた私は、通常だったら余裕で幼稚園のお迎えに間に合うバスを待っていました。(夕方までお預かりもある園です。)
ところが、なかなか来ないバス。
よっぽど違う番号に乗ろうとも思いましたが、土地勘が怪しいし、
待っているバスは市内の高速を走るので、一番スムーズなはず。

結局15分遅れ(日本だからと楽観的にみてましたが、やはりラッシュアワーは市内で一部遅れが出るそう)で乗り込みました。
目的地のバス停で、バスから飛び降りた時点で、あと10分!
まだまだ暑い太陽の下ダッシュで幼稚園に向かいながら考えました。

フルタイムのママは、きっと定時に退社できるようすごく仕事を頑張って、
職場でトラブルがあってもお迎えに行く頃にはきっとこどもの事を考えてて、
お迎えに遅れそうな時は雨の中でもヒールで走って、
今日のゴハンどうしよう、買い物行かなきゃ、とかすんごい早さでシミュレーション。

園庭で遊びたいという子どもに「5分だけよ」とつき合いつつ、
持ち帰るはずの体操服がない!と先生と探しまわり、
帰りのバスでは「寝ちゃだめよー」とひたすら話しかけ。

家に帰ったらダッシュでゴハンの用意に小さいコならお風呂・歯磨き・寝かしつけ。
その後持ち帰った仕事を数時間。

私は今実家なので、昨日は母がゴハンを作ってくれてたけど。
なんか実体験を通して、本当にリアルに働くママたちのことを考えたのでした。

そして10分っていう短い時間が、どれだけ働くママにとって大切なのか

自分の身支度
お弁当の準備
朝ご飯の準備
夜の料理の下ごしらえ
家中のクイックルワイパー

子どもの荷物の片づけと明日の準備の手伝い、連絡帳・お便りチェック
食器の片づけ
洗濯物たたみ
・・・まだまだリストは続きそう。

そしてそれぞれのタスクをいかに手際よくこなすのか

着たいものがすぐ分かるクローゼットに、使いたいアイテムが見やすいメイクボックス。
機能的に取り出しやすいように収められたキッチン。
床にモノがないからすぐにできる、ワイパー掃除。

子どものモノやプリント関係の定位置が決まっているキッズスペース。
食器の片づけがすぐにできるシンクまわりに、戻しやすい食器棚。
洗濯動線、服の収納が自分にあったレイアウト。

一気にはムリかもしれないけど。
何が必要なんだろうって考え始めたら、きっと少しずつ改善できるはず。
もしやり方が分からない、時間がないのなら、さっさとプロの手を借りて
あなたに合う暮らしの仕組みを作ってみて。
必ず、その後が変わるから。

私は夏が終わればまたシンガポールに戻ってしまうけど、
あなたのまわりにもたくさんプロがいます。
ぴったりの人を見つけて、早くもっと楽しくてラクな毎日を過ごして下さいね。

日本ライフオーガナイザー協会 (オーガナイザーリスト、都道府県別に検索できます。)

道に咲く花の香りを楽しめるひとときが、忙しいあなたに訪れますように。

↓最後までお読みいただきありがとうございました。ぽちっと応援お願いします。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

いつも心にスペースを。

Author Profile

Eri
シンガポールでLuxenity (ルクセニティ)という小さな会社をつくりました。

パーソナルカラーや骨格スタイル分析でファッションのアドバイスをしたり、心地よい空間づくりのお手伝いをしています。

「知的に品良く美しく。」思いどおりのライフスタイルサポートを、東南アジア・東京・福岡にて提供中。

「女性と子どもの未来を創る。」をモットーに、社会貢献にも力を入れながらいつも心にスペースを広げるべく活動中です。