普段は女性とばかり仕事をしていますが、
ごくたまに、お仕事をされている男性にオーガナイズについて話す機会があったりします。

シンガポール在住のクローゼットオーガナイザーのエリーです。

自分らしいスタイルを見つけたい方、
職場でもっと輝きたい方、
そしてさらにお子さんをサポートしたい方が
装いの見直しや空間を整えることでもっと楽しい毎日を
過ごせるようお手伝いしています。
(ウェブサイト→www.organizedlifespace.com/)

オーガナイズ、なんてのっけからカタカナで、
しっくりくる日本語って、実はなかったりして。

整理収納・お片づけ+コーチング・人生/空間/時間の俯瞰・・・
うーん、余計に分けわからんー。

「あー、お片づけやってくれる人?」「家事サポート業務?」と言われたら、
最初の自己紹介失敗です。
たしかにそちらはマーケットとして確立されていますものね。

あなたが/奥さまが/お子さまがもっと上手くそれをできるように、
原因を知り、簡単に長続きするその方に合った方法を考え、お伝えし、サポートします。
そうすることで自己肯定感が増し、生活の質も上がり、
より良い人間関係を気づき、ご自身の夢や目標が実現しやすくなります。

書くとまだ分かりやすい、かな。

■家庭にカイゼンを応用してみる

「専業主婦」だからって、みんながみんな片づけが上手とは限らない。
しかも子どもの頃から教わってないことがほとんど。

もしご主人のほうが得意なら、時々はちゃちゃっとやってあげるか、
奥さんにコツを教えたら家族がラク。
ー適材適所に「適時」をプラス。

週明けに限って朝食時の牛乳がないなら、原因を考えて解決策を考える、実行する。
ー我が家にとってのジャスト・イン・タイムは?

ただ晩ご飯を作るのでなく、今の家族の健康状態に合った「必要なモノ」を作る。
食材を買い過ぎて・食事を作り過ぎて無駄にしていないか見直してみる。
ー無駄なことをしない。

家庭のこと、全てがビジネスライクに進むのは窮屈かもしれませんね。
でも、特定のことが原因でおうちが安らぎの場所ではなくなったり、
何かにストレスを感じているのなら。

ココだけは!と、カイゼンを考えてもいいのだと思います。

■家庭のカイゼンには愛をもって

優しく忍耐強く、そんなことを教えて下さるご主人がいたら、
奥様も素直になれます♡

仕事ではちゃんとやってるみたいなのに、家に帰ると人が違う!
なんて言われる男性もいるかもしれませんが。
奥様も、ご主人の本当のオーガナイズ力をみてあげて下さいね。
仕事ではきっとかなりゴムを張っている状態なので、家ではゆるめたいのです。
もともと得意な方は、ゴムの張り方も普通レベルなので、家でも変わりません。

そんなこんなもひっくるめて、愛をもってカイゼンすべきところはカイゼンを。
一生一緒の、チーム○○、ですからね♡

今週は、とあるご夫婦のためのオーガナイズレッスンです。
ご一緒に受けたほうが効果が高い、となんとお2人そろって。
前向きなご夫婦を全力でサポート致します!

↓最後までお読みいただきありがとうございました。どちらか!どちらも!ぽちっと応援お願いします。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ
にほんブログ村

いつも心にスペースを。

Author Profile

Eri
シンガポールでLuxenity (ルクセニティ)という小さな会社をつくりました。

パーソナルカラーや骨格スタイル分析でファッションのアドバイスをしたり、心地よい空間づくりのお手伝いをしています。

「知的に品良く美しく。」思いどおりのライフスタイルサポートを、東南アジア・東京・福岡にて提供中。

「女性と子どもの未来を創る。」をモットーに、社会貢献にも力を入れながらいつも心にスペースを広げるべく活動中です。