なかなか手放せないものってありますか。
それはモノかもしれないし、想い、かもしれないけど。

お義母にもらった、場所をとるだけで使いにくいお鍋?
いつか読もう・記録しようと思っている新聞やレシート?
お子さんのかわいらしい作品の数々?
もう着ないけど、あの時かっこよく着ていたジャケット?
それとも、お友達とのランチ?

そこに愛だったり、楽しさだったり、物理的なスペースや時間だったりがあって、
自分をそれらが満たしてくれたらいいのだけど。

興味深いことに、普段は意識もしないし、もちろん気づかない、忙しすぎる私たちは。

もしくは、頭では分かっているんだけど、なかなか行動に移せなかったり。

コンサルテーションを通して、「あ、やっぱり、私そうだったんだ。」と
ご自身で答えを見つける方の多いこと。

その気になった方が、きっと思いきって私に声をかけて下さるのです。
いろんな話を、全力でさせて頂きます。
でも、まずは自分を俯瞰するところから始めるわけです。
なのでオーガナイザーたちはまず「思考の整理」と何度も言うのですね。

ライフオーガナイザーになって、私「思い出モノ」系への想いがかなり軽くなりました。
告白すると今は物理的な時間があまりとれず、少々キャパオーバーなモノの感じです。
意識してリセットの日を設けなければ。

そんな私ですが、ここ数年どうしても手放せないものがありました。
それは「中国語」。

気づけば数年間もスクールに通っていたことになります。
そこにつぎ込んだお金もいかなるものか。

私の問題はとにかくモチベーションが低かったこと。
たまに頑張って中国語で話しかけてみるも、返ってくるのは英語ばかり。
中国で何がしたいってわけじゃない。

「せっかくシンガポールにいるんだしー」と軽い気持ちで始めたものの、
内容はどんどん難しくなっていく。
その場ではなんとなく分かったつもりになっても、復習すらしないと当然ほとんど忘れます。
ここ1年以上は宿題すらもやらない落ちこぼれ生徒でした。

私は日本で英語を学んだので(しかも若い時でしょ)、どの位の労力が語学の習得に必要か、
なんとなく分かります。

大人になって趣味で韓国語をマスターとか、イタリア語留学行きます!と聞くと、
心の底から羨ましい。
だってきっと語学を学ぶ事が自体が楽しかったり、そこから広がる世界が魅力的。

そこにきて私の中国語。。。

平日に2時間のレッスンという物理的な拘束時間と、
(一応)「宿題やらなきゃ」という、ちょっとしたプレッシャー。
これがまたクラスメイトがとてもやる気のある方々で、余計にアップアップな私。

細々とでもいいから続けよう。
いつかやる気が起きるかもしれない。

そう思って、レッスンの更新を続けてきましたが。
「やめる自分」が怖くて、そうやってしがみついてきましたが。

今日のレッスンをもって、しばらく「お休み」することにしました。

というのも。
その時間と労力を、今、別の事に使いたいのです。
もちろんまだ未練タラタラだし、もっとお気楽に続けられる場所を見つけたら再開するつもり。

でも、今回は初めて思いきって、一旦捨ててみました。
やっと前向きに決断できた、そんなすっきりな気分です。

この経験を通して、今後より深くお客さまの気持ちが分かるような気がします。

じっくりと思考の整理をして、やっと言えた「今日でさいご!」。
大切にしたいので、ブログに残しておきます。

***

私にとっては中国語でしたが、これって他のことにも言えるかもしれません。

ヤセたら着ようと思っている服を見ながらため息つくよりも。
今のあなたに似合う服を買いに行きませんか。

「これは家宝よ!」なお子さんの作品だけ残してあとは写真に撮っておいて。
明日持って返ってくる作品を額に入れてあげませんか。

人それぞれ価値観は違うし、モノに対する想いも違います。
あの人はバンバンモノを捨てられるかもしれないけど、私にはムリ。
そんな違いは当たり前。
誰とも比べなくてもいいんです。

ただ。
もし、何かが心のどこかで刺を出して、あなたが気づかないうちに傷をつけ始めていたら。

さぁ、どうしたらいいと思いますか。

***

飲んでもいないのに、まるで占い師のようなブログになってしまいました。
手放したものが重かった分、今は次のことが楽しみでしょうがない。

もうすぐ満月ですね。
もしかしたらそれも影響しているのかもしれません。
(FB経由で、自分では検索しない内容が情報としてどんどん入ってきます。満月はモノを手放すのにいいそうですよん。)

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

↑最後までお読みいただきありがとうございました。ぽちっと応援お願いします。

いつも心にスペースを。

Author Profile

Eri
シンガポールでLuxenity (ルクセニティ)という小さな会社をつくりました。

パーソナルカラーや骨格スタイル分析でファッションのアドバイスをしたり、心地よい空間づくりのお手伝いをしています。

「知的に品良く美しく。」思いどおりのライフスタイルサポートを、東南アジア・東京・福岡にて提供中。

「女性と子どもの未来を創る。」をモットーに、社会貢献にも力を入れながらいつも心にスペースを広げるべく活動中です。