シンガポール初のクローゼット&キッズスペースオーガナイザーのエリーです。

女性と子どもの未来を創る。

クローゼットの見直しやスタイリングで、女性にもっと自信と輝きを。
子ども部屋を整えて、子どもたちにより良い人生を。

住み込みや通いのヘルパーさんに頼る前の「暮らしの仕組み作り」にフォーカスした
お片づけレッスン&サービスを、シンガポール・東京・福岡にて提供中。
(仕事内容はこちら→)

すっかり三味線の音からも遠ざかっていたシンガポール生活。
連獅子をググってみましたw

もうね三味線や笛や太鼓の音で背筋が伸びます。
でお唄が始まるでしょ、たまらーん。

子どもの頃からこんな音楽が家で流れてたんですよね。
母のおかげで。

95歳でワタシにケータイからメールを送ってくる祖父の趣味が長唄。
未だに実家でのお祝い事には、祖父がお祝いのお唄を歌い(←ほぼ意味不明)、
母が黒紋付で舞を舞う〜。
↑この前のお正月は祖母の米寿のお祝いで、まさにコレが。

時にはシニア世代(祖父母の兄弟とか)が、唄で返してたりしますからね。←意味不明ゆえワタシの推測
想像するにメジャーな曲では、合唱の部分があったり。

で、親戚一同は正座をしてつき合うという、至極マイペースで目立ちたがりやメンバーの多い家族。

そんなワタシのDNAにしみ込んでそうな古典。
全く理解していません。

ああ、こうやって文化はすたっていくのよ。
ワタシみたいな人間のせいで。。。
もっと長く実家にいるべきでした。

でも、せっかくの機会でしょ。
偶然とってもいい席もとれてるわけでしょ。

こうやって動画をみたり、ストーリーを読んだりして勉強してみたくなったわけです。

***ステージのプログラム***

一、口上(こうじょう) 観客の皆さまへのご挨拶
二、落語
三、半能「石橋」(しゃっきょう)
四、歌舞伎舞踊「連獅子」(れんじし)

***

舞の連獅子のストーリー

【あらすじ】
 獅子の親子が、
天竺清涼山にかかる石橋(しゃっきょう)を守っています。

 すると突然、親獅子が子獅子を谷へ蹴落とそうとします。
 実は獅子には、子どもを谷に蹴落として、上がってきた子だけを育てるという言い伝えがあるのです。

 親獅子は、蹴落とした子獅子がはい上がってくるかを案じ、谷をのぞきこみます。
 川面に映った親の姿を見た子獅子は再び谷を駆け上がり、親子は無事を喜ぶのでした。

ー千葉県こども歌舞伎アカデミー様ブログより。見どころも書いてあります。
http://www.cbs.or.jp/cgi-bin/kabuki/kabuki_blog.cgi?no=32

髪の毛をぐるぐるするアレですね。

白の狂言師右近と、赤の左近(左近は前髪がある子ども)。
獅子の精ががうつって、獅子の舞を見せてくれる。

アクションも多く、分かりやすい舞のようなので、
シンガポールにもぴったりですね。

もっと調べてシェアしたかったのですが、ワタシこれからヘアセットで

Author Profile

Eri
シンガポールでLuxenity (ルクセニティ)という小さな会社をつくりました。

パーソナルカラーや骨格スタイル分析でファッションのアドバイスをしたり、心地よい空間づくりのお手伝いをしています。

「知的に品良く美しく。」思いどおりのライフスタイルサポートを、東南アジア・東京・福岡にて提供中。

「女性と子どもの未来を創る。」をモットーに、社会貢献にも力を入れながらいつも心にスペースを広げるべく活動中です。
  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+