4歳児との母娘旅行、最終日はステキなレストランでランチ。
「食堂」での度重なる食事で、ご機嫌ナナメがちなムスメに、
旅の食事の友が気を使ってくれたという。

どれだけステキなレストランかというと、ビールに氷を入れなくて飲める。
パウダールームで、小さなタオルで毎回手がふける。
そしていままでの食事より、ゼロがひとつ多い。

そういえば、確かにビールには毎回氷を入れてた。
ウェットティッシュ、一度も使わなかったな。
ベトナムドンはゼロが異常に多いけど、常に食堂プライスでゴハン食べてたな。

と、そんな旅だったのでw



ランチセットもあったけど、アラカルトでまずは前菜系を。
たくさんのお花のサラダとか、とにかく全てがおいしかった。
揚げ春巻きだけは、ほとんどムスメの口に入ってしまったけど。


メインに魚も肉も。
大人の「口」の数が増えると、少しずついろんなものが食べられて嬉しい。

今回の旅、NY在住で滅多に会えないご夫婦がホーチミンへってことで
会いに行ったけど、フタをあけたら「おいしいものをできるだけ大人数で食べる」旅に。
数年前に夫と行った時も、「おいしいものを食べに行こう」だったな、そういえば。

ベトナム料理をすごく上品な味とプレゼンで楽しめました♡

で、こんなステキなレストランの前はというと。

どーん♡
ドリアンシントー(シェイク)。


旅の間、いたる所で見つけて食べたかったドリアン。
ベンタン市場の食堂でシントーで♡

その前はまた?フエスタイルのヌードルを朝ご飯に。
ホテルの朝食なんてとるお腹のスペースはありません。

市場をぶらぶらしてちょこっとお買い物をしつつ、
ほとんどはムスメに声をかけてくれる売り場の人との戯れの時間になるという。
何も買ってないのに、ブレスレットとか売り物をプレゼントしてくれる・・・♡

ミサの時間だったけど、ピンクの教会と呼ばれるタディン教会にもお邪魔しました。

エルサ効果で、ムスメのピンク離れが激しいのが誤算。

朝の公園を散歩して、セミの抜け殻をみつけたり、子犬を触らせてもらったり。
こどもに普通の観光はつまらないので(私もか)、普通の「街歩き」を中心に。

すてきランチの後は、ちょっぴり遠くまで食器を探しに。
続きます!

Hoa Tuc
http://hoatuc.com

2階ではクッキングレッスンも。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

↑最後までお読みいただきありがとうございました。ぽちっと応援お願いします。

いつも心にスペースを。

Author Profile

Eri
シンガポールでLuxenity (ルクセニティ)という小さな会社をつくりました。

パーソナルカラーや骨格スタイル分析でファッションのアドバイスをしたり、心地よい空間づくりのお手伝いをしています。

「知的に品良く美しく。」思いどおりのライフスタイルサポートを、東南アジア・東京・福岡にて提供中。

「女性と子どもの未来を創る。」をモットーに、社会貢献にも力を入れながらいつも心にスペースを広げるべく活動中です。