週末2度目のホシノ酵母でのバゲット作りにトライ。
前回、水分量が分からなかったのと、強力粉が扱いやすいとお友達に聞いたので、
クックパッドで別のレシピにトライ。

強力粉・塩・水そして酵母のみのシンプルなレシピ。
シンガポールで手に入る強力粉(Bread flour)には、レシピ通りの水分では足りない感じ。
50cc少しずつ追加しているうちに、最後は結局どばっと。汗

さすがに生地がベトベトで、スケッパーをつかってなんとかまとめた感じです。
バゲットになるのはいつのことやら。

一次発酵は今回もオーバーナイトで。
前回より30分短い7時間後、ボルケーノのように生地がボウルからあふれておりました。
(前回の粉より多かったせい!?遅い時間に仕込んで朝日でお部屋があたたまったせい!?)

あいかわらずベタベタ生地で、とても成形できなかったので、
イングリッシュマフィンの要領でセルクルに収まってもらいました。
といっても窯伸びしそうな雰囲気だったので、上には鉄板を置かずに
自由に膨らんでもらったのですが。

焼き時間は(生地が小さいので)20分と25分。
そんなに変わらないように感じました。

気になるお味は・・・やっぱりおいしい!!!
お粉がおいしかったらもっとイケるはず。
次はオーガニックの全粒粉に挑戦するかしら♡

ランチにシンプルにチーズとハムだけをはさんで頂きました。
娘にも夫にも好評。
今日もこのまま元気なら、仕込みをする予定です☆

水分量が多かったからか、格段に気泡の入り方がちがいます。
娘用のサンドイッチ、嵩を下げるためにダルマ落としのように真ん中を切った姿です。

にほんブログ村

↑ランキングに参加しています。
ぽちっと応援どうぞよろしくお願いします。

いつも心にスペースを。

Author Profile

Eri
シンガポールでLuxenity (ルクセニティ)という小さな会社をつくりました。

パーソナルカラーや骨格スタイル分析でファッションのアドバイスをしたり、心地よい空間づくりのお手伝いをしています。

「知的に品良く美しく。」思いどおりのライフスタイルサポートを、東南アジア・東京・福岡にて提供中。

「女性と子どもの未来を創る。」をモットーに、社会貢献にも力を入れながらいつも心にスペースを広げるべく活動中です。