シンガポールでうどんをお気軽に打てたらいいなぁと思い、年末から欲しかったパスタマシンをゲット。
なぜうどんかというと、シンガポールではおそらく暑さのせいで、濃厚な生パスタを食べる機会は減るかと。
なので、冷やしでも美味しいうどんが思いついたわけです。

パスタメーカーにも色々あって、しばし悩んだけど、2種類のアッタチメントがついているマゼンティというメーカーのものにしました。
3/6.5mmと2/4mm。
合計で4種類の太さが選べます。

夫に手伝ってもらいながら、まずは太麺のパスタを作ってみました。
生地を練ってもらって、しばらく寝かせている間に、私はお掃除用のタネ作り。
こういう機械って、最初は油とかついてて、拭くには難しいし。
なので小麦粉を別に練って、すべてのローラーとカッターに通してから、本生地を、ね。

30分ほど寝かせた生地はかなり柔らかくなってて、打ち粉をしないとべたつくくらい。
二人分の分量で、4分の1に切ってからマシーンを通すとやりやすかったな。

ソースはシンプルにトマトソースにきのことエビを加えたものにしました。
というか、保存食の缶詰トマトと、野菜室のキノコを使ったというだけ・・・。
ちなみにドライトマトを小さくはさみで切ってから加えると、トマトの風味が増します。

これまで手で練って、包丁で切っていたモノに比べると、やっぱり簡単だし、麺の厚みや太さが
そろっているから、舌ざわりもグッド。
なかなか美味しかったです。

以下備忘録。

生パスタ(2人分)←でも、妊婦ちゃんにはちょっと量が多かったかも。

◆材料◆
卵2個
強力粉200g
オリーブオイル小さじ2
塩ひとつまみ

◆麺◆
厚さダイヤル3
太さ6.5mm

→うどんを打つなら、厚さは4か5くらい!?太さも4mmがいいかな。

◆ゆで時間◆
麺を入れて、再沸騰してから5分程度

***追記***

シンガポールのBread Flourだと生地が固い気が。
卵の水分量を増やしたほうがベター。

麺の厚みも1-2mmで。
和えるだけの時は1mm、ソースをからめて煮込む時は2mm。

Author Profile

Eri
シンガポールでLuxenity (ルクセニティ)という小さな会社をつくりました。

パーソナルカラーや骨格スタイル分析でファッションのアドバイスをしたり、心地よい空間づくりのお手伝いをしています。

「知的に品良く美しく。」思いどおりのライフスタイルサポートを、東南アジア・東京・福岡にて提供中。

「女性と子どもの未来を創る。」をモットーに、社会貢献にも力を入れながらいつも心にスペースを広げるべく活動中です。